地域中高齢者に対する暗算学習法SoroTouchの有用性の検討(無作為化比較試験)

目的

地域在住中高年齢者20名(40歳から70歳)を対象とし、そろばん式イメージ暗算アプリSoroTouchを1日30分6ヶ月間実施したときの認知機能及び生活の質(Quality of Life;QOL)への影響を検討すること

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

該当なし


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

40歳 以上70歳 以下


選択基準

40歳から70歳の地域在住中高齢者


除外基準

1)視覚障害や知的障害がありSoroTouchの実施が困難な者

2)半年以内に研究結果に影響を及ぼす認知症治療薬やADHD治療薬を投与された者

3)研究担当医師の判断により不適格と判断した者

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

CogEvoによる注意、記憶、空間認知、見当識、遂行機能評価得点


第二結果評価方法

MoCA-J(Japanese version of Montreal Cognitive Assessment)、SF36

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

昭和大学医学部


住所

神奈川県横浜市青葉区藤が丘2−1−1