頸部ジストニアに対するMRIガイド下経頭蓋集束超音波を用いた淡蒼球視床路凝固術の有効性・安全性に関する研究

臨床研究

目的

淡蒼球視床路に対する集束超音波熱凝固手術を行い、術後の頸部ジストニア症状の改善、合併症を検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上70歳 以下


    選択基準

    ① 頸部ジストニア患者

    ② 20-70歳

    ③ Toronto Western Spasmodic Torticollis Rating Scale (TWSTRS) severity scale 15点以上

    ④ 薬物療法及びボツリヌス毒素治療に抵抗性

    ⑤ 本研究の参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、患者本人(代諾者が必要な場合は代諾者)の自由意思による文書同意が得られた患者

    上記①~⑤をすべて満たす患者を対象とする。


    除外基準

    1) 抗血小板剤、抗凝固薬を内服中でかつ休薬不能な方

    2) MRI撮影が不可能な方

    3) 妊娠中または授乳中の方

    4) 透析中の方

    5) 重度の高血圧の方(拡張期血圧100以上)

    6) 脳の手術を受けたことのある方

    7) 頸部の手術を受けたことのある方

    8) 脳出血・脳梗塞を生じたことがある方

    9) 脳に何らかの器質的異常がある方

    10) 進行性変性疾患の方

    11) うつなどの精神疾患の既往のある方

    12) 医師が研究参加を不適切と判断した方

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    術後6か月のToront Western Spasmodic Torticollis Rating Scale (TWSTRS)


    第二結果評価方法

    ① Burke-Fahn-Marsden Dystonia Rating Scale

    ② 気分評価:Beck Depression Inventory (BDI), Beck Anxiety Inventory (BAI), Apathy Evaluating Scale (AES)

    ③ 高次脳機能評価:Mini-Mental State Examination(MMSE)

    ④ 術後合併症評価

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)