GSMに対するCO2フラクショナルレーザーに関する研究

臨床研究

目的

閉経関連尿路生殖器症候群(Genitourinary Syndrome of Menopause: GSM)に対するCO2フラクショナルレーザー治療において日本で承認されている90°プローブと未承認の360°プローブ使用における有用性、有効性と患者のQOLを比較検討すること

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    女性


    年齢

    20歳 以上上限なし


    選択基準

    1)満20歳以上のGSMの診断がされた患者2)CO2フラクショナルレーザー治療を希望された患者3)本研究参加について患者本人から文書で同意が得られている。


    除外基準

    1) 子宮頸部・腟部・外陰部の異形成病変を有する患者2)活動中の骨盤内感染症の患者3)原因不明の不正出血4)腟部および/または子宮頸部の損傷が認められる患者5)進行性の悪性腫瘍、重度の併存疾患を持つ患者6)すでにGSMに対してCO2フラクショナルレーザー治療を行なったことのある患者7)そのほか研究担当医師が不適切と判断した患者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    1回目治療直後 治療時の疼痛に関するNRSスコア


    第二結果評価方法

    有効性:腟上皮の成熟度(細胞診)、腟内環境(腟内pH)、患者QOLアンケート調査スコア有用性:2回目治療時の疼痛に関するNRSスコア、3回目治療時の研究対象者が選択したプローブ別の例数

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)