肛門癌研究

臨床研究

目的

拡大肛門鏡(HRA)下で極早期に発見される肛門癌(Tis, 肛門上皮内癌)に対して、SURGITRON DUAL EMCを使用したablationの有効性と安全性を検討するため、6か月後の癌の消退と副作用の発現率を確認する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ3

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上上限なし


    選択基準

    選択基準:1)研究参加に関して文書による同意が得られた者2)同意取得時の年齢が20歳以上の男女3)HRA下の組織診結果で上皮内癌または前癌病変の診断となった者


    除外基準

    1)浸潤癌2)研究責任医師が研究への組み入れを不適切と判断した者3)妊娠中または授乳中の者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    6か月後の癌の消退率


    第二結果評価方法

    3か月後の癌の消退率焼灼後の合併症出現率

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)