股関節節手術後患者におけるX線動画像による肺塞栓の検出能を評価する単施設単群介入研究

臨床研究

目的

Ⅹ線動画像撮影システムで得られた肺血流マッピング画像(PH-mode)が、股関節術後肺塞栓症に対する造影CTスクリーニングに使用できることを示し、低コストで患者負担も少ない検査となりうることを確認する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

(1) 20歳以上の男女

(2) 同意を書面で取得した患者

(3) 肺血栓塞栓症リスクのある股関節手術(人工関節置換術、人工骨頭挿入術、観血的骨接合術、骨切術)を要する整形外科患者


除外基準

(1) 妊婦または妊娠の可能性がある患者

(2) 撮影室への移動が困難な患者

(3) 息こらえができない患者

(4) 研究責任医師または分担医師が不適当と判断する患者

(5) なんらかの術後合併症により造影CTまたは本検査を規定に期日に行うことが不可能となった患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

造影CTの肺塞栓診断結果と肺血流マッピング画像との一致率


第二結果評価方法

①PH-mode(肺塞栓の有無)とD-dimer(肺塞栓の有無)の比較

②術前後の肺血流量の比較(肺塞栓以外の手術による影響の調査)

③PH-mode(心臓領域を加えた結果)とPH-mode(心臓領域を加えない結果)の違い。さらに、造影CTとの比較を含む

利用する医薬品等

一般名称

販売名