特定臨床研究

歯の治療に使える、口の中の温度を測るデバイスの研究

治験詳細画面

目的


この研究は、温度センサを備えたセンシングデバイスを開発し、それを可撤式矯正装置に取り付けて、装置の使用時間を測定することを目的としています。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

不正咬合

情報なし

参加条件


この治験に参加できる人は、15歳以上で男性でも女性でも大丈夫です。ただし、以下の条件を満たす必要があります。 1. 昭和大学歯科病院矯正歯科に通院している人 2. 矯正治療が終了し、保定装置による管理中の人 3. 定期的に来院してメンテナンスを受けている人 4. 15歳以上で、同意書に署名できる人 5. 研究に参加することに同意している人。ただし、18歳未満の場合は保護者の同意も必要です。 一方、以下の条件に当てはまる人は、治験に参加できません。 1. 妊娠中の人 2. ペースメーカーを使用している人 3. 口腔粘膜疾患を持っている人 4. 精神疾患を持っている人 5. 重篤な全身疾患を持っている人 6. 合併症があり、コントロールが不十分な人 7. その他、治験の責任医師や分担医師が指示した理由により、治験に参加できないと判断された人。

治験内容


この治験は、不正咬合という病気を対象に行われる介入研究です。治験の目的は、センシングデバイス搭載クリアリテーナーを使用して、クリアリテーナーの装着時間や口腔内温度変化と研究対象者の行動の関係を調べることです。治験の結果は、装着時間や年齢、性別、時間帯などの要因と温度変化の関係を明らかにすることが期待されています。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

昭和大学

東京都大田区北千束2-2-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。