特定臨床研究

軽度の記憶力や判断力の低下に対する、磁気刺激とトレーニングの効果を調べる試験

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、MCI患者に対して、rTMSとCACRを併用した認知機能トレーニングを行い、認知機能の改善効果や神経生理学的な変化を調べることです。治験は、無作為化並行群間比較を行って検証されます。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

軽度認知障害

フェーズ3

参加条件


この治験に参加するための条件は、60歳以上80歳未満で、物忘れを自覚している方で、日常生活が普通にできる方です。また、試験に通院できる方で、同意書にサインしている方が参加できます。ただし、てんかんやうつ病、躁病、統合失調症の治療中の方や、心臓ペースメーカーや金属を体内に埋め込んでいる方、重篤な心疾患や高血圧、肺塞栓症、肝・腎機能障害、精神疾患、痙攣発作を下げる薬を使用している方、授乳中の女性などは参加できません。また、研究責任医師が不適当と判断した方も参加できません。

治験内容


この治験は、軽度認知障害を持つ人を対象に、新しい治療法の効果を調べるものです。治験のフェーズはフェーズ3で、介入研究と呼ばれる種類の研究です。主要な評価方法は、治験の終了時に行うMOCA-Jという検査で、ベースラインからの変化量を測定します。また、他にも様々な検査項目があり、治療法の効果を評価します。これらの検査は、視覚や言語、記憶などの機能を測定するもので、治療法がどの程度効果的かを調べるために行われます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

順天堂大学附属順天堂東京江東高齢者医療センター

東京都江東区新砂3-3-20

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。