小児および若年成人におけるランゲルハンス細胞組織球症に対するリスク別多施設共同第II相臨床試験

目的

小児および若年成人における多臓器型および多発骨型のランゲルハンス細胞組織球症(Langerhans cell histiocytosis, LCH)を対象として、病型ごとに治療内容を強化し、生存率の向上と再発率の低下、中枢神経に関連した合併症の阻止について、多施設共同第II相臨床試験により検証する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

Langerhans cell histiocytosis


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

0歳 以上40歳 未満


選択基準

(1) 組織学的LCHと診断されている(施設診断にて確認されていること)。

(2) 登録時年齢が40 歳未満である。

(3) PS(Performance Status)が10以上である(20歳未満の場合はLansky score、20歳以上の場合はKarnofsky scoreを用いる)。

(4) 多臓器型または多発骨型のLCHである。

(5) 初発未治療症例である(外科的処置、ステロイド治療は該当しない)。

(6) 後日中央診断を可能にするため、中央診断施設に試料を提出可能であること。

(7) 患者本人または代諾者への十分な説明と文書による同意が得られている。患者が16歳以上の場合は、本人からの文書による同意も受けなければならない。


除外基準

(1) 試験治療に支障をきたす肝・腎・心機能障害を有する症例である。但し認められる異常がLCHに起因するもので、LCHの治療を行うことにより改善する可能性が高いと予測される場合、及び生理的黄疸と判断される場合は除外基準に抵触する異常とはみなさない。評価には、症例登録日より前14日以内の検査値を用いる。

(2) 治療施行に支障をきたす頭蓋内出血(CTCAE ver.5.0;grade 3以上)を伴う。

(3) 中枢神経変性症がある。

(4) 過去に悪性新生物の既往がある又は重複がんを有する。

(5) 登録時に体重2500 g未満の児。

(6) HIV抗体陽性。

(7) HBs抗原陽性またはHCV抗体陽性。

(8) 妊娠中あるいは妊娠の可能性のある女性。

(9) 研究責任医師、研究分担医師が本研究の参加について適切でないと判断した場合。

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

・リスク別の3年無イベント生存率(20歳未満)

・3年無イベント生存率(20歳以上)


第二結果評価方法

・無イベント生存期間(EFS)(全体、リスク別、世代別、診断時BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時骨髄中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時末梢血中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、治療開始6週時点でGR/PRが得られた症例、治療中の骨髄中・末梢血中BRAFV600E遺伝子変異の低下率別)

・全生存期間(OS)(全体、リスク別、世代別、診断時BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時骨髄中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時末梢血中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、初期治療反応性別、治療中の骨髄中・末梢血中BRAFV600E遺伝子変異の低下率別)

・無増悪生存率(PFS)(全体、リスク別、世代別、診断時BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時骨髄中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時末梢血中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、治療開始6週時点でGR/PRが得られた症例、治療中の骨髄中・末梢血中BRAFV600E遺伝子変異の低下率別)

・再発率 (全体、リスク別、世代別、診断時BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時骨髄中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時末梢血中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、治療開始6週時点でGR/PRが得られた症例、治療中の骨髄中・末梢血中BRAFV600E遺伝子変異の低下率別)

・各治療相における病勢判定、奏効率 (全体、リスク別)

・LCH病勢臨床スコア(DAS)の推移と臨床予後との関連

・中枢神経関連晩期合併症の発症率(全体、リスク別、世代別、診断時BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時骨髄中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、診断時末梢血中BRAFV600E遺伝子変異パターン別、初期治療反応性別、治療中の骨髄中・末梢血中BRAFV600E遺伝子変異の低下率別)

・CTCAE ver5.0による有害事象発生率

・試験治療完遂率、髄液注射施行回数、ゾレドロン酸投与施行回数

利用する医薬品等

一般名称

ビンクリスチン硫酸塩 等。 他、別紙 特定臨床研究に用いる医薬品などの概要一覧 参照、ビンブラスチン硫酸塩


販売名

オンコビン注射用 等。 他、別紙 特定臨床研究に用いる医薬品などの概要一覧 参照、エクザール注射用

組織情報

実施責任組織

国立研究開発法人国立成育医療研究センター


住所

東京都世田谷区大蔵2-10-1