特定臨床研究

胸部がん治療中の吐き気・嘔吐に対する薬の効果と安全性を調べる試験

治験詳細画面

目的


がん治療において起こる吐き気や嘔吐は患者にとって大きな負担であり、治療の継続にも影響を与える。現在使われている吐き気止め薬には、糖尿病患者には使えないものがあるため、糖尿病患者にも使える新しい薬の開発が必要である。この研究では、がん治療に使われる薬として有名なカルボプラチンと、OLZと同様に吐き気止め効果が期待できるミルタザピンの有効性と安全性を調べる。対象は胸部悪性腫瘍患者である。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

悪性腫瘍
腫瘍

フェーズ2

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上80歳未満で、男性でも女性でも参加できます。ただし、胸部に悪性腫瘍がある方で、CBDCA(AUC ≥4)併用療法を受ける予定がある方が対象です。また、体調が良く、中等度以上の嘔吐や吐き気を引き起こす抗がん薬を含む化学療法を受けたことがなく、登録前48時間以内に併用禁止薬を使用していないことが必要です。さらに、最新の検査値が一定の基準を満たしていること、試験に参加する意思があることが必要です。一方、アレルギーの既往歴がある方や、制吐剤が必要なほどの悪心・嘔吐がある方、麻薬製剤を使用している方、心臓や脳の病歴がある方、痙攣性疾患や消化管通過障害を持つ方、妊娠中や授乳中の方、精神病を持つ方、喫煙習慣がある方などは、参加できません。試験に参加するかどうかは、患者本人が文書で同意する必要があります。

治験内容


この治験は、胸部のがんに対する新しい治療法を研究するものです。治験のフェーズは2で、介入研究と呼ばれるタイプの研究です。主な評価方法は、治療後の完全寛解率(CR)の割合を調べることです。また、患者の主観的な評価や副作用なども調べます。治験に参加する患者さんは、治療法の効果や副作用について詳しく調べられます。

利用する医薬品等


一般名称

ミルタザピン錠、デキサメタゾン錠 等、グラニセトロン塩酸塩製剤 等

販売名

リフレックス錠15㎎、デキサメタゾン錠 等、カイトリル錠1mg 等

組織情報


実施責任組織

岐阜大学医学部附属病院

岐阜県岐阜市柳戸1番1号

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。