特定臨床研究

閉経後の女性の記憶力にローヤルゼリーが与える影響についての研究

治験詳細画面

目的


閉経後の女性において、ローヤルゼリーが認知機能に与える影響を調べるための治験を行う。

対象疾患


もの忘れ

参加条件


募集中

この治験に参加できる人は、女性で45歳以上65歳未満の方です。閉経後で、「もの忘れ」を自覚している方が対象です。ただし、ローヤルゼリーやハチミツ製品、牛乳にアレルギーがある方、喘息の既往がある方、認知機能に問題がある方、内科的疾患を持っている方、または薬を服用している方は参加できません。

治験内容


この治験は、もの忘れという病気に対して、新しい治療法を試す研究です。治療法には、薬やその他の介入が含まれます。治験の目的は、患者さんの認知機能を改善することです。認知機能検査というテストを使って、治療の効果を評価します。また、血液検査も行い、アミロイドβという物質の量を測定します。治験の結果は、患者さんの生活の質を向上させるために役立ちます。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

一般名称

ローヤルゼリー

販売名

ローヤルゼリー

実施組織


愛知医科大学病院

愛知県長久手市岩作雁又1-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。