膵嚢胞性病変のパクリタキセル注入療法

臨床研究

目的

膵嚢胞性病変に対する超音波内視鏡ガイド下パクリタキセル注入療法の安全性および臨床的有効性を評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上75歳 以下


    選択基準

    1.同意取得時において年齢が20歳以上、75歳以下の人。2.本試験の参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、患者本人の自由意思による文書同意が得られた人。3.膵嚢胞性病変と診断されている。4.CTもしくはMRIにて嚢胞径が10~50㎜未満である人。5.単房性あるいは少房性(4房以内)の膵嚢胞をもつ人。6.Performance status(PS)が0-1。7.外科手術の適応がないあるいは外科手術を拒否しているが、生命予後が期待できる人。


    除外基準

    1.パクリタキセルに対する過敏症の既往。2.画像上明らかに悪性病変が疑われる。3.画像上明らかに仮性嚢胞や貯留嚢胞が疑われる。4.登録前28日以内の検査結果が以下に該当する。(1)凝固系因子 PT (prothrombin time) 50%以下あるいはINR (international normalized ratio) 1.5以上。(2)血小板数50000/mm3以下5.抗血栓薬2剤以上の内服している。6.妊娠または妊娠している可能性がある。7.治療時に5年以上の予後が見込めない8.その他の理由から、担当医師が本試験の参加が不適当と判断する。

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    膵嚢胞性病変に対する超音波内視鏡ガイド下パクリタキセル注入療法の安全性を確認する。


    第二結果評価方法

    膵嚢胞性疾患に対する超音波内視鏡ガイド下パクリタキセル注入療法の有効性を確認する。

    利用する医薬品等

    一般名称

    パクリタキセル


    販売名

    タキソール等

    同じ対象疾患の治験

    (1件)