特定臨床研究

PQQ(メニコン)が男性不妊患者の精子DNAに与える影響を調べる試験

治験詳細画面

目的


この治験は、精液所見不良患者に対してサプリメント「PQQ」を飲んでもらい、その前後で精液のSDF率が改善するかどうかを調べるものです。主な目的はSDF率の変化で、副次的には精液の液量や精子の濃度、運動率、奇形率も調べます。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

乏精子症、精子無力症、奇形精子症、過 少精子症、膿精子症

フェーズ2

参加条件


この治験に参加できるのは、男性で18歳以上60歳以下の方で、精液検査で乏精子症、精子無力症、奇形精子症、過少精子症、膿精子症などと診断された方で、原精液のSDF率が16%以上の方です。また、治験に参加する前3か月以内に抗酸化化合物や同効薬を含むサプリメントや薬剤を服用している方、重度の乏精子症や精子形成障害、肝疾患を有する方、他の臨床試験に参加している方、研究責任医師や研究分担医師が不適当と判断した方は参加できません。治験に参加する前に、本人から文書による同意が必要です。

治験内容


この治験は、男性の不妊症について研究するものです。治験の種類は「介入研究」で、フェーズ2という段階で行われます。対象疾患は、乏精子症、精子無力症、奇形精子症、過少精子症、膿精子症です。主要な評価方法は、投与3ヶ月後におけるSDF率が16%以下か16%超かで分けた2つのグループに分けることです。また、第二の評価方法として、SDF変化量、SDF変化率、精液所見(液量、総精子濃度、運動率、奇形率、運動性)を調べます。変化量は、投与前と投与3ヶ月後の差、変化率は、(投与3ヶ月後−投与前)/投与前です。

利用する医薬品等


一般名称

PQQ

販売名

PQQ

組織情報


実施責任組織

三重大学医学部附属病院

三重県津市江戸橋2-174

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。