診断初期の2型糖尿病患者におけるフラッシュグルコースモニタリングシステムに基づいた生活指導による糖代謝改善についての検討

目的

2型糖尿病の診断初期に、期間を限定したFGM装着及びFGMに基づいた食事・運動療法指導を行うことにより、血糖コントロール改善効果が得られ薬物療法開始を回避ないし遅延させることが可能か評価し、食事・運動療法を補完する初期治療のツールとしてのFGMの有用性を検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

2型糖尿病


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上69歳 以下


選択基準

・2型糖尿病と診断されている者

・参加時のHbA1c(NGSP)が7.0%以上、8.0%未満の者

・20歳以上、70歳未満の者

・経口血糖降下薬による治療を行っていない者


除外基準

・診断時に高血糖症状、ケトーシスを認める者

・抗GAD抗体陽性の者

・既に血糖自己測定を行っている者

・増殖前網膜症以上に進行した糖尿病網膜症を有する者

・eGFR<30ml/分/1.73m3の慢性腎臓病を有する者

・医師が本研究への参加が不適切であると判断した者

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

Drug-free期間(研究開始から経口血糖降下薬開始までの期間)


第二結果評価方法

・HbA1c、空腹時血糖

・体重、BMI

・血圧 : 収縮期血圧、拡張期血圧、降圧薬の数

・脂質 : 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪、脂質治療薬の数

・糖尿病治療満足度 : 糖尿病治療満足度質問票(DTSQ : Diabetes Treatment Satisfaction Questionnaire)

・身体活動量 : 国際標準化身体活動質問票(IPAQ : International Physical Activity Questionnaire)

・食事摂取状況:簡易型自記式食事歴法質問票(BDHQ : brief-type self-administered diet history questionnaire)

・有害事象

・FGMの血糖データ(介入群のみ)

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

名古屋大学医学部附属病院


住所

愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65