iATP機能の有用性の検討(ヒトを対象としたProof of concept試験)

臨床研究

目的

iATPによる心室頻拍停止率を明らかにすること、iATPと従来型のATPの頻拍停止メカニズムを詳細に検討し、iATPが想定された通りに心室頻拍の回路に侵入し、心室頻拍を停止させているかどうかを検証することである。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ2

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上上限なし


    選択基準

    1. 20歳以上の患者2. 器質的心疾患による持続性心室頻拍と診断され治療目的に電気生理学的検査およびカテーテルアブレーションを施行予定の患者3. アブレーション治療前に植込み型除細動器(Medtronic社Cobalt XT)移植術を施行予定もしくはすでに植え込まれている患者


    除外基準

    1. 心筋梗塞発症から3ヶ月未満の患者2. カテコラミンに依存している患者3. 研究責任医師、研究分担医師により本研究への登録が不適当と判断された患者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    ICDにより自動計算されたiATP設定の妥当性


    第二結果評価方法

    1) 従来型ATP群とiATP群における以下の比較(A-1 ATPによる心室頻拍停止成功率、A-2 ATPによる心室頻拍停止不成功の詳細 [心室頻拍の心拍数上昇、心室細動化、VT停止後の再誘発、Pacing non capture、VT回路への侵入不成功、Termination zoneへの侵入不成功])2) VT停止時の心内電位の詳細な検討(興奮伝播時間など)3) 1回目治療での成功・不成功の予測因子の検討4) 最終シーケンスまでの治療での成功・不成功の予測因子の検討

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)