乳癌 の診断・治療モニタリングにおける時間分解分光装置TRS-21-6Wの応用

臨床研究

目的

乳癌患者において、6波長の時間分解分光装置(TRS−21-6W)を用いて測定される数値は、治療効果判定及び腫瘍の悪性度の評価に有効かを検討することを目的として行う。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1.20歳以上の女性患者

2 .原発性乳癌と初回診断された患者(両側乳癌を含む)

3.術前に化学療法もしくはホルモン療法を行う患者

4.本研究について本人による同意書への署名により同意が取得できた患者


除外基準

1. 光過敏症を有する患者

2. 計測時間(約40分)の安静が保てない患者

3. 明らかな遠隔転移(肺転移、肝転移、骨転移等)がある患者

4. 再発乳癌の患者

5. 研究責任(分担)医師が不適当と判断した患者

治験内容


主要結果評価方法

術前薬物療法前および治療早期の光計測データの経時的な変化と薬物療法による腫瘍サイズの変化


第二結果評価方法

3次元的画像再構成後の光計測データとMRI・CTおよび病理結果の関係性

有害事象

不具合

利用する医薬品等

一般名称

販売名