特定臨床研究

脳磁図検査による認知障害と認知症の判別に、オプティックフロー時の安全性と有用性を検証する治験

治験詳細画面

目的


この治験は、アルツハイマー病による認知機能低下の程度を判別するために、脳磁図検査を行い、その結果を解析することで、将来的に認知症の診断に役立つ医療機器を開発することを目的としています。

基本情報


募集ステータス

研究終了

対象疾患

アルツハイマー病
軽度認知障害
認知機能
認知症
なし

フェーズ2

参加条件


この治験に参加するための条件は、65歳以上の男性・女性であることです。また、一次登録には、プレミアムドック受診者、AD-MCI疑い群、AD疑い群が対象であり、二次登録には、CU群、AD-MCI群、AD群が対象です。ただし、参加にはいくつかの条件があります。例えば、プレミアムドック受診者の場合は、プレミアムドックを受診し、治験に参加することに同意する必要があります。また、AD-MCI疑い群やAD疑い群の場合は、特定の検査結果が必要です。治験に参加する前に、医師からの説明を受け、自分自身で参加することを決める必要があります。ただし、体内金属や閉所恐怖症などの理由で頭部MRIが不可能な場合や、医師の判断により対象として不適当と判断された場合は、参加できません。

治験内容


この治験は、アルツハイマー病による軽度認知障害や認知症の患者さんを対象に、脳の活動を調べる研究です。治験のフェーズは2で、観察研究というタイプです。治験の主要な評価方法は、MEG検査の安全性や忍容性を調べること、そして脳の前頭前野背外側皮質や背側視覚路の最大振幅比を測定することです。また、治験の第二の評価方法は、オプティックフロー後の脳活動や安静閉眼時の脳活動を調べることです。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

金沢大学附属病院

石川県金沢市宝町13-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。