特定臨床研究

ロボット支援によるCTガイド下の穿刺術の効果を調べる治験

治験詳細画面

目的


本研究では、従来のCT透視による生検針進め方と、人工知能とロボットアームを使った新しい方法を比較し、新しい方法の正確性と安全性を調べることを目的としている。新しい方法は、穿刺位置や角度を導くナビゲーションシステムとロボットアームを使って行われる。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

全てのCTガイド下穿刺を要する疾患

情報なし

参加条件


この治験に参加できる人は、18歳以上90歳以下の男性・女性です。治療が必要で、名古屋市立大学病院でCTガイド下生検あるいはドレナージが必要と判断された人が対象です。また、長径が10mm以上の病変がある人で、自分自身が参加することに同意している人が参加できます。ただし、妊娠中の女性や妊娠の可能性がある女性、抗血小板薬あるいは凝固薬を内服中の人は参加できません。

治験内容


この治験は、介入研究と呼ばれる種類の研究です。対象疾患は、CTガイド下で穿刺を必要とする病気全般です。主な評価方法は、病変内に針を挿入する成功率です。また、穿刺にかかる時間や回数、CT透視時間、X線被曝量、手技時間、合併症、入院日数なども評価されます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

名古屋市立大学病院

愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。