冠動脈造影検査における貼付型ニトログリセリンテープ製剤の遠位橈骨動脈アプローチ法に対する有用性探索試験

臨床研究

目的

カテーテル検査に先んじた貼付型ニトログリセリン製剤による前投薬が遠位橈骨動脈穿刺の成功率、合併症に及ぼす効果を明らかにすること

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上85歳 未満


選択基準

1. 同意取得時の年齢が20歳以上85歳未満の患者

2. 狭心症の症例

3. 遠位橈骨動脈アプローチ法で冠動脈造影検査(CAG)が予定された症例

4. CAG前日に入院している症例

5. 内径5フレンチサイズのグライドシーススレンダーを用いたCAGが予定された症例

6. 本人から文書による同意の得られた患者


除外基準

1. 硝酸・亜硝酸エステル系薬剤・カルシウムチャネル拮抗薬・ニコランジルを内服、貼付している症例

2. 冠攣縮性狭心症の誘発試験を予定されている症例

3. 過去同側の遠位橈骨動脈よりカテーテル検査・治療実施歴を有する症例

4. 不安定狭心症、急性冠症候群の症例

5. 硝酸・亜硝酸エステル系薬剤に対する過敏症を有する症例

6. 同意取得時点で低血圧を有する症例(収縮期血圧90mmHg未満)

7. 同意取得時点で高度貧血を有する症例(ヘモグロビン値 9.0g/dL未満)

8. 緑内障の既往、脳出血の既往、1ヶ月以内の頭部外傷を有する症例

9. 妊婦、授乳中の症例

10. ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤、またはグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤を内服している症例

11. 他の臨床試験に既に参加もしくは本試験期間中に参加する予定がある症例

12. その他の理由により、試験責任医師または分担医師が本試験への参加を不適当と判断した症例

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

初回穿刺での遠位橈骨動脈穿刺成功率


第二結果評価方法

遠位橈骨動脈穿刺成功率、穿刺成功に要した穿刺回数、穿刺開始からシース挿入までに要した時間、穿刺時エコーガイドの要否、貼付前後における遠位橈骨動脈径とその変化、動脈攣縮発生の有無、検査翌日時点での動脈閉塞率、冠動脈造影検査前および検査中における血圧低下の有無(収縮期血圧90mmHg未満)

利用する医薬品等

一般名称

貼付型ニトログリセリン製剤


販売名

ミリステープ5mg