[18F]F-AraG PET/CTを用いた非小細胞肺癌における免疫チェックポイント阻害薬治療効果予測の研究

臨床研究

目的

ドライバー遺伝子陰性のStage 4非小細胞肺癌患者に対して、免疫チェックポイント阻害薬阻害薬阻害薬の初回使用前後にて[18F]F-AraG PET/CTを撮像し、免疫チェックポイント阻害薬阻害薬阻害薬の治療効果との関連を検討すること

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上85歳 以下


選択基準

1)病理組織検査にて非小細肺癌と診断されている。2)遺伝子検査にて非小細胞肺癌のドライバー遺伝子異常がないことが確認されている。3)ECOG Performance status (PS)が0または1または2である。4)国内で承認されている免疫チェックポイント阻害薬阻害薬阻害薬を使用した歴がないが、臨床的に適応があり、実施される予定がある。5)FDG-PET/CTを実施している。


除外基準

1)妊娠中、あるいはその可能性がある、または授乳中である女性。2)全身状態が極めて不良である。3)コミュニケーションに著しい障害がある。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

非小細胞肺癌患者に対して、免疫チェックポイント阻害薬の初回治療前後に[18F]F-AraG PET/CTを実施することで、原発巣への[18F]F-AraG集積の推移(1回目から2回目の集積最高値SUVmaxの差:⊿SUVmax)が、免疫チェックポイント阻害薬の治療効果期間を予測するか評価する。(注:SUV = Standardized Uptake Value)


第二結果評価方法

・[18F]F-AraG PET/CT 1回目の集積(最高値:SUVmax、平均値:SUVmean、およびSUVmeanに関心領域を掛け合わせた数値)と、病理組織でのCD8, PD-1, Treg細胞の発現率との対比を腫瘍・リンパ節にて行う。・免疫チェックポイント阻害薬治療前の[18F]FDG PET/CTでの集積(最高値:SUVmax、平均値:SUVmean、およびSUVmeanに関心領域を掛け合わせた数値)と、病理組織でのCD8, PD-1, Treg細胞の発現率との対比も腫瘍・リンパ節にて行い、[18F]F-AraG PET/CT 1回目の集積と病理組織の対比との比較を行う。

利用する医薬品等

一般名称

[18F]F-AraG


販売名

VisAcT, U.S.A.