Carboplatin単剤療法を受ける患者を対象に再発膠芽腫(rGBM)の治療を目的としたマイクロバブル共振子併用時のExAblate 4000タイプ2を使用した血液脳関門(BBB)開放による治療手技の安全性及び実現可能性の確認を評価する臨床研究

臨床研究

目的

Carboplatin単剤療法を受ける再発膠芽腫(rGB M)の被験者に対して血液脳関門(BBB)を開放する手技として、マイクロバブル共振子を併用してExA blateモデル4000タイプ 2.0/2.1を使用した時の安全性及び実現可能性の確認を1.5 T または3.0Tの磁気共鳴撮像 (MRI) 機器を使用して評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上80歳 未満


選択基準

1. rGBMが組織学的に確認されている、若しくはr GBMを示す明確なMR画像の確認できており、かつ予後の告知を受けている患患者(浸潤性かつ高悪 性度の膠芽腫と一致する特徴を示す腫瘍関連の浮 腫がT2/FLAIR上の形態異常として確認された患 者。つまり腫瘍組織への灌流について血流上昇若しくは血流量の増加が認められる制限拡散が画像で 確認された患者)

2. Carboplatinによる療法を予定している患者

3. 本試験の書面による参加同意を提示する意思及び能力がある患者

4. 同意取得時において18歳以上80歳未満の患者

5. Karnofsky Performance Status(KPS)が70以上である患者

6. 放射線治療併用下のTemozolomideによる初回治療及びTemozolomideによる維持療法後に再発を確認した患者

7.(初回の手技前14日以内に行う)スクリーニング臨床検査で別途定めた適切な臓器機能を示した患者

8. ExAblate 4000タイプ2による初回の治療手技施術前30日以内にCTを撮像し、ExAblate 4000 タイプ2による初回施術前14日以内にMRIを撮像した患者

9. 再発時に過去の外科的切除から(ExAblate 4000タイプ2を使用した初回BBB開放による治療手技前に)3週間以上経過している、又は定位生検については1週間経過している患者

10. 組織学的に腫瘍の進行が確認された又は過去の照射野外に放射線学的に腫瘍の進行が認められた場合を除き、放射線療法完了からExAblate400 0タイプ2による初回の治療手技までに12週間以上経過している患者

11. 過去の治療において臨床的に重大な抗癌剤による毒性からCTCAE Ver.5.0におけるグレードがグレード0、グレード1、若しくは治療前のベースライ ンの状態へ回復している患者(例外には脱毛症、選択基準に記載されていない臨床検査値、及びテモゾロミドによる治療後によくみられるリンパ球減少症が 含まれるが、これに限定されるものではない)

12. ExAblate 4000タイプ2による初回手技までに以下の期間が経過している患者:全ての治験薬の投与から半減期の5倍の期間、細胞傷害性療法から4週間(ただし、テモゾロミドの場合は23日間、ニトロソウレアの場合は6週間)、抗体投与から6週間、又はその他の抗腫瘍療法から4週間(又は半減期の5倍の期間のいずれか短い方)なお、過去のTTF又はワクチン療法については、ウォッシュアウト期間は不要とする。

13. 女性研究対象者については、各施術日に妊娠していないことを確認する。性別を問わず、研究対象 者は特定臨床研究実施中及び特定臨床研究実施後120日間(4ヶ月間)の間は、効果の高い避妊法 を適用しなければならない。

14. (ExAblate 4000タイプ2を使用したBBB開放による治療手技中に適切なモニタリングを確実に行うため)口頭で意思疎通を図ることができる患者


除外基準

1.下記の撮像特性を呈する患者:

a. 急性頭蓋内出血が認められる。

b. 集束超音波照射ビーム経路に石灰化部位が確認されていて、これらの石灰化部位周囲の治療がEx Ablate 4000タイプ2システムによって実施できな い

c.手技前の撮像で正中偏位、大脳鎌下ヘルニア、テント切痕ヘルニア又は扁桃ヘルニアが認められるか、又はヘルニアなどの頭蓋内圧上昇が認められる。

2. 腫瘍への超音波照射経路に、超音波照射経路が通じる頭蓋骨領域の30%超が瘢痕、頭皮障害(湿 疹など)、又は頭皮の萎縮で覆われている部分が含まれる患者

3. 鉄等の金属製移植物が頭蓋骨又は脳に埋め込まれている患者

4. 過去にCarboplatinによる治療を行い、容認できない毒性が確認された患者

5. 妊婦又は授乳婦

6. 小脳腫瘍又は脳幹腫瘍を有する患者

7. 免疫不全の診断を受けた、活動性B型肝炎(HBs,Ag反応性など)又はC型肝炎(HCV RNA [28]が検出されている場合など)が確認されている、又はH IV陽性が確認されている患者

8. 薬剤では適切にコントロールできない重大なうつ病があり、自殺の潜在リスクがある患者。抗精神病薬、抗うつ薬及びベンゾジアゼピン系薬剤を服用している被験者は使用を継続してもよい。医学的に可能であれば、ExAblate 4000タイプ2を使用したB BB開放による治療手技を受ける前はこれらの薬剤の投与を最長48時間制限する。また必要に応じて、被験者の状態を注意深くに観察する。

9. 抗VEGF標的薬又は抗VEGFR標的薬(Bevaciz umab, Cedirinab, Aflibercept, Vandetanib, XL-184, Sunitinib等)の投与を受けていた患者

10. デキサメタゾン1日4 mg(又は当量)を超える用量のコルチコステロイドの投与を受けている患者

11. 脳内留置用剤を用いた化学療法、対流強化送達法による免疫毒素の送達、局所投与する遺伝子及びウイルス療法、並びに小線源療法、定位的放射線療法、レーザー間質温熱療法による局所照射を含む局所送達療法を受けたことがある患者

12. 以下を含む心疾患又は不安定な血行動態を示す患者:

(ア)登録前6ヶ月以内に確認された心筋梗塞

(イ)投薬中の不安定狭心症

(ウ)うっ血性心不全

(エ)左室駆出率50%未満

(オ)血行動態が不安定な不整脈の既往歴

(カ)心臓ペースメーカー

(キ)重症高血圧(標準降圧療法にもかかわらず、拡張期血圧が100を超えている)

13. 治療前のウォッシュアウト期間中に抗凝固療法、又は出血リスクを高めることが分かっている薬剤の投与(具体的には、治療前7日以内に抗血小板薬又はビタミンK阻害薬の抗凝固薬、治療前72時間以 内にビタミンK阻害薬以外の抗凝固薬、若しくは治 療前48時間以内にヘパリン由来化合物の投与)を受けた患者

14. 出血障害、凝血異常、又は特発性腫瘍出血の既往歴がある患者

15. 頭蓋内血栓症、血管奇形、脳動脈瘤又は血管炎を含む脳血管症又は全身性血管症を有する患者

16. ExAblate 4000タイプ2を使用したBBB開放による初回の治療手技前7〜14日以内に運動麻痺又は会話機能障害を含む(ただし、これに限定されるものではない)新たな局所神経脱落症状のエビデンスが認められた患者

17. 活動性の薬物使用障害又はアルコール使用障害を有する患者

18. 初回Carboplatin投与サイクル及びExAblate 4000タイプ2を使用したBBB開放による治療手技前の最低4週間にわたる難治性てんかん(薬物療法にもかかわらず、コントロール不良な痙攣発作)が既往歴から明らかになった患者

19. 造影剤であるガドリニウムに対する過敏症が確認されている患者

20. マイクロバブル共振子(DEFINITY®)超音波造影剤又はペルフルトレンに対する過敏症が確認されている患者

21. MR撮像を受けられない、又はMRIに対応しない移植デバイスを有するなど、MRI禁忌である患者

22. MRI装置で仰臥位になり、最長4時間静止していることが困難である、又は薬剤で管理できない重度の閉所恐怖症を有する患者

23. 推算糸球体濾過量が30 mL/min/1.73m2未満である、及び/又は透析を受けている重度腎機能 障害を有する患者

24. 右左心短絡又は両方向性心短絡を有する患者

25. 抗生物質の投与を必要とする頭蓋感染又は全身性感染のエビデンスがある患者

26. QT延長の家族歴又は既往歴がある、あるいはQT延長を引き起こすことが分かっている併用薬を服用している、あるいはスクリーニング時のECGでQT 延長が認められた患者(QTcが男性では450超、女性では470超とする。)

27. 同意前2年以内に進行している又は積極的治 療を必要とする更なる悪性疾患が確認された患者。 例外としては、皮膚基底細胞癌、皮膚扁平上皮癌、 又は根治の可能例がある治療を受けた子宮頚部上皮内癌を含む(ただし、これに限定されるものではない)手術による治療だけを受けた悪性疾患とする。

28. 本特定臨床研究に関する結果を交絡する、研究対象者の全臨床研究期間の参加を妨げる、又は参 加が研究対象者にとって最善の利益とならない可能性があると研究責任医師又は担当医師が判断する状態、治療又は臨床検査値異常のエビデンスが 過去にあった又は現在ある患者。例示としては、全身療法を必要とする活動性感染症又は臨床研究の要 件の遵守を制限すると考えられる精神病若しくは社 会的状況が含まれるが、これに限定されるものでは ない。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

治療中及び治療のために来院中の研究対象者の検査並びにMRI評価によりBBB開放による治療手技の安全性を評価する。

超音波照射後の造影剤による増強MR撮像の評価及び、超音波照射前後の撮像を比較してBBB開放による治療手技に関する実現可能性の確認を評価

する。


第二結果評価方法

RANOの修正基準を用いた有効性の検討及びPFS/OSの評価

利用する医薬品等

一般名称

カルボプラチン (Carboplatin)、マイクロバブル共振子 (Perflutren Lipid Micros phere)、カルボプラチン (Carboplatin)


販売名

カルボプラチン点滴静注液150mg, カルボプラチン点滴静注液450mg、DEFINITY、カルボプラチン点滴静注液150mg, カルボプラチン点滴静注液450mg