ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における目標指向型鎮痛管理がレミフェンタニル使用量に与える影響-無作為化比較試験-

臨床研究

目的

侵害受容刺激を客観的指標で表示する侵害受容刺

激モニター(PMD-200(国内未承認機器)で表さ

れるNoL値を指標とした目標指向型鎮痛管理プロ

トコルにより、オピオイド使用量を適正化できるかを

対照群との無作為化比較試験で検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ3

参加条件

性別

男性


年齢

20歳 以上85歳 未満


選択基準

1)ロボット支援下前立腺全摘術を予定手術で受ける男性患者

2)アメリカ麻酔学会分類1–3の患者

3)年齢が20歳以上85歳未満

4)文書による研究参加の同意を得られた患者


除外基準

1)当日申し込まれた臨時手術を施行する患者

2)β遮断薬を内服または貼付中の患者

3)ステロイドを内服中の患者

4)指切断後もしくは爪に病変が存在する等、測定部位が確保できない患者

5)本人に同意能力のない患者

6)研究責任 (分担) 医師が研究対象者として不適当と判断した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

術中レミフェンタニルの使用量

(レミフェンタニル総量を麻酔時間(分)と体重(kg)で除したもの:単位μg/kg/min)


第二結果評価方法

1) 両群間における各バイオマーカー値の比較(IL-6、CRP、コルチゾール)

2) 挿管、腹腔鏡手術における気腹開始、体位変換などのイベント前後のNoL値の変化

3) 手術日(術後2時間)、手術1・2・3・7日後、手術3ヶ月後の時点でのNRS値

4) 周術期の麻薬(オピオイド)消費量

5) 術後遷延痛の有無

利用する医薬品等

一般名称

販売名