HAL for PwH 試験

臨床研究

目的

出血後、術後および慢性的な身体機能低下を来している止血異常症患者に対するリハビリテーション治療において疼痛の強いリハビリテーション開始早期(一回目、二回目)に装着型サイボーグ HAL がリハビリテーション治療中の疼痛軽減・kinesiophobia 改善という有効性を示すかを確認する。さらに三回目以降全例にHAL を装着したリハビリテーションを実施し、HAL の長期使用の日常生活における疼痛軽減や筋力向上、歩容改善、患者満足度上昇といった有効性を確認する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    12歳 以上85歳 以下


    選択基準

    1)奈良県立医科大学附属病院受診中で、止血異常症の診断を受けている患者2)疼痛と身体機能低下があり、肘・膝・足関節運動を対象としたリハビリテーション治療を必要とする患者3)12歳以上85歳以下の患者4)文書による同意を得た患者


    除外基準

    1)高度の関節変形があり、HALの装着が不可能な患者2)関節固定術後の患者3)皮膚が脆弱で電極貼付により皮膚障害の可能性のある患者4)ペースメーカーやICDを埋め込みされている患者5)リハビリ治療に支障をきたす循環器疾患または呼吸器疾患を有する患者6)説明や指示の理解が困難な患者7)中等度以上の不随意運動、運動失調、姿勢反射障害を有する患者8)重度の拘縮・痙縮を有する患者9)インヒビターハイレスポンターやインヒビター中和療法で効果の無かったローレスポンダー患者などの止血治療が困難な患者10) その他、医師が不適当と判断した患者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    共通リハビリ終了後の患部屈曲伸展運動のVASとその後に行うHAL有/無の屈曲伸展運動のVASの変化量


    第二結果評価方法

    1)1・2回目リハビリ終了後における日本語版TSK-Jの、患者登録時TSK-Jからの変化量2)症例ごとのリハビリテーション治療施行前と全てのリハビリテーション治療施行後の、日常生活における疼痛・動作恐怖、筋力、関節可動域、立位安定性、歩容、赤外線による体表温、リハビリテーション治療の満足度、リハビリテーション治療の疲労感

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)