経頭蓋直流電気刺激の大うつ病性障害に対する治療効果

臨床研究

目的

大うつ病性障害に対する経頭蓋直流電気刺激の治療効果と安全性を検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ2

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    25歳 以上65歳 以下


    選択基準

    選択基準:1)福井大学医学部附属病院神経科精神科に入院中の患者である。2)25歳以上65歳以下である。性別は問わない。3)大うつ病性障害(DSM-5)の診断基準を満たす。4)ハミルトンうつ病評価尺度(HAMD-17)で17点以上である。5)書面による説明同意を理解し、署名可能である。


    除外基準

    除外基準:1)統合失調症、統合失調感情障害、双極I型障害、双極II型障害と診断されている、あるいは診断されたことがある。2)終末期、あるいは重篤な身体疾患を持つ。3)治療が必要な甲状腺機能異常がある。4)明らかな脳波異常がある。5)脳に占拠性病変がある。6)妊娠中である。7)うつ状態が重度で、食事が取れない、著しい希死念慮など、直ちにうつ病を改善することが必要である。8)焦燥が強く、20分間の電気刺激中、安静を保てない。

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    1) tDCSによる大うつ病性障害に対する治療効果をハミルトンうつ病評価尺度(HAMD-17)およびこころとからだの質問票(PHQ)、ベック抑うつ質問票第2版(BDI-II)の得点変化により評価する。2) tDCSの大うつ病性障害治療における安全性をProposal of a questionnaire surveying for tDCS adverse effects(PQSTAE)により評価する。


    第二結果評価方法

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    同じ対象疾患の治験

    (1件)