最後方大臼歯部へのPEEKクラウンの臨床応用

臨床研究

目的

新規歯冠補綴材料であるポリエーテルエーテルケトン(PEEK)を最後方大臼歯部クラウンに応用し、経過観察を行うことにより、大臼歯PEEKクラウンの最後方臼歯部への臨床応用の妥当性を探索的に評価すること

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ2

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    20歳 以上上限なし


    選択基準

    ①同意時の年齢が20歳以上の患者

    ②上下最後方大臼歯部の単冠(2歯連続単冠でも可)で対合関係(天然歯あるいは歯冠修復材料でブリッジは含み、可撤性義歯を除く)が存在する患者

    ③支台歯形成後に3ミリ程度は高径が確保できる患者

    ④本研究の参加に対して文書同意が取得できる患者


    除外基準

    ① 部分床義歯の鉤歯

    ② 対象歯および対合歯が重度の歯周疾患( 6 m m 以上のポケット、骨吸収・アタッチメントロスが歯根長1 /2 以上、根分岐部病変2 度以上)を有する場合。

    ③ 重度齲蝕等により根管治療が必要な場合。

    ④ 本材または(メタ)アクリル酸系モノマーに対して発疹、皮膚炎等の過敏症の既往のある患者

    ⑤ その他、研究責任者または研究分担者が本研究を実施するのに不適当と認めた患者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    PEEKクラウン装着後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後のPEEKクラウンの脱離あるいは破損の有無


    第二結果評価方法

    PEEKクラウン装着後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後のPEEKクラウンのクラックの発生、咬合接触状態、疼痛、2次カリエス、クラウンンの咬合面状態、模型による咬合面状態の変化判定、クラウンの面性状、クラウンの変色・着色、プラークの付着、辺縁歯肉の状態、対合歯の咬合面状態、コンタクトの状態、再治療、咬合力検査値と咀嚼能力の回復、患者の満足度の評価

    利用する医薬品等

    一般名称

    販売名

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)