パーキンソン病での電気刺激リハビリによる嚥下機能改善に関する研究

臨床研究

目的

パーキンソン病患者を対象に、頸部感覚神経電気刺激を導入し、咳テストの改善を検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上85歳 以下


選択基準

・パーキンソン病と診断されている・重症度がHoehn-Yahr stage2〜4・登録の1か月前からレボドパ製剤の処方が変更されていない・週2回の通院が可能


除外基準

・ペースメーカーもしくは埋め込み型除細動器使用・脳深部刺激療法施行中・妊婦や妊娠希望者・頭頚部癌既往あるいは手術歴あり活動性肺炎・嚥下リハビリ継続中

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

8週間の介入終了時点における、咳テストの正常咳嗽反射者割合


第二結果評価方法

・介入終了8週間後における、介入開始前と比較した咳テストの正常患者割合・8週間の介入終了時点および介入終了8週間後における咳テスト開始30秒間に咳嗽が誘発される割合・8週間の介入終了時点および介入終了8週間後における嚥下状態正常者割合・8週間の介入終了時点および介入終了8週間後における嚥下造影時相解析による誤嚥および喉頭侵入率の減少・16週間の全観察期間における肺炎発症の有無

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報