生体肝移植レシピエントにおけるドナー腸内細菌移植併用の有用性についての探索的研究

目的

生体肝移植のレシピエントに、健常人かつ肝臓も提供されるドナー便の腸内細菌移植を術前および術後に施行することで、周術期の腸内細菌叢がどのように変化するか、生体肝移植後の周術期合併症の回避や拒絶反応抑制につながるか否か、を検討する

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

肝移植の適応がある18歳以上の成人症例


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上65歳 以下


選択基準

肝移植の適応がある18歳以上の成人症例


除外基準

1.18歳未満のレシピエント

2.術前入院加療を要する症例

3.術前Model for end-stage liver disease (MELD)スコア20以上の症例

4.術前ドナー便培養でESBL産生菌陽性の症例

5.試験責任医師または分担医師が本試験への参加を不適当と判断した症例

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

生体肝移植後1年以内の感染症の種類と有無


第二結果評価方法

① 術後1年患者生存率

② 拒絶反応の有無と程度

③ 術後肝機能

④ 術後合併症

⑤ 腸内細菌叢の変化

⑥ FMTの有害事象

利用する医薬品等

一般名称

生体肝移植ドナーの腸内細菌


販売名

なし

組織情報

実施責任組織

国立大学法人琉球大学


住所

沖縄県西原字上原207番地