ハンセン病後遺症の神経麻痺性角膜症に対するFGLM-NH₂+SSSRペプチド点眼の有用性の検討

臨床研究

目的

サブスタンスPとインスリン様成長因子-1由来の生理活性ペプチドFGLM-NH₂+SSSRは神経麻痺性角膜症の角膜上皮障害に治癒効果が示されてきたが、対象が希少疾患であるため製品化が図られていない。ハンセン病後遺症の神経麻痺性角膜症は患者の高齢化に伴い増悪が見られるが、国内で承認された治療薬はないため、FGLM-NH₂+SSSR点眼を使用し、治療に役立てることを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

同じ対象疾患の治験

(1件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    60歳 以上上限なし


    選択基準

    1. ハンセン病療養所に入所している神経麻痺性角膜症のある者2. インフォームドコンセントにより、文書による同意を得られた症例3. コシェボネ角膜知覚計による角膜知覚がナイロン糸長40mm未満のもの4. 遷延性角膜上皮障害または(および)角膜実質菲薄化を有するもの


    除外基準

    1. 点眼薬の成分に過敏性の既往がある者2. 感染症急性期の治療中の者

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    神経麻痺性角膜症の改善以下の2項目のうち、1項目以上を満たした場合に改善と判定する。・角膜上皮欠損例に使用の場合:治療開始時点からの角膜上皮欠損の縮小・消失・角膜実質菲薄例に使用の場合:治療開始時点からの角膜菲薄部の角膜厚の増加


    第二結果評価方法

    1. 視力2. 自覚症状3. 角膜上皮欠損の治癒に至る時間

    利用する医薬品等

    一般名称

    FGLM-NH₂(Phenylalanine-Glycine-Leucine- Methionine-NH₂) および SSSR(Serine-Serine -Serine-Arginine)


    販売名

    NH₂-FGLM-CONH₂・AcOH塩 および NH₂-SSSR-COOH・2AcOH塩

    組織情報

    同じ対象疾患の治験

    (1件)