下顎両側遊離端部分床義歯に対するクリームタイプ義歯安定剤の有効性に関する研究

臨床研究

目的

下顎両側遊離端部分床義歯に対してクリームタイプ義歯安定剤を使用し、その有効性を検討することを本研究の目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ2

参加条件

性別


年齢

下顎両側遊離端欠損


選択基準

男性・女性


除外基準

・研究対象者より中止の申し出があった場合

・有害事象の発生(原疾患の増悪合併症の発生、新たな疾患の併発等)により、研究医師等が当該研究対象者に対する研究の継続を不適当と判断した場合

・その他、研究医師等が当該研究対象者に対して研究の継続が不適当と判断した場合

治験内容


主要結果評価方法

義歯安定剤を塗布した義歯および塗布していない義歯を使用してから14(±3)日後の満足度に関するVAS値


第二結果評価方法

・義歯安定剤を塗布した義歯および塗布していない義歯を使用してから14(±3)日後の満足度以外のVAS値、OHIP-14、咀嚼能力検査、咬合力測定、食品アンケート調査

・年齢、性別、欠損部顎堤の吸収状態、義歯の使用期間、Eichnerの分類、口腔内湿潤状態等

利用する医薬品等

一般名称

販売名