扁桃摘出術に対する超音波ガイド上顎神経ブロックの鎮痛効果:二重盲検ランダム化比較試験

目的

本研究では,扁桃摘出術を施行する患者を対象とし,局所麻酔薬を用いて超音波ガイド上顎神経ブロックを施行するブロック群と生理食塩水を投与するプラセボコントロール群に被験者を無作為割付けし,術後24時間の安静時および嚥下時疼痛スコア(Visual Analog Scale: VAS)(主要目的)や術後24時間のオピオイド消費量,術後24時間後の回復の質スコア(QoR-40),術後嘔気嘔吐および術後呼吸器合併症(副次目的)に与える影響について検討する二重盲検ランダム化比較試験を行う.これにより扁桃摘出術における安全で効果的な鎮痛法を確立することを目的とする.

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

扁桃摘出術


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

18歳以上の全身麻酔下で扁桃摘出術を受けるASA-PSⅠからⅢの患者


除外基準

試験薬に対するアレルギー,血液凝固障害,慢性的オピオイドの使用,糖尿病などの末梢神経障害の可能性が強く疑われる場合,妊娠,精神障害,なんらかの事情により術後手術室で抜管されなかった場合,そのほか担当医師の判断で本研究の対象として不適当と考えられる患者

治験内容

研究のタイプ

非特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

帰室時,帰室2時間後,4時間後,8時間後,24時間後の安静時VAS


第二結果評価方法

・帰室時,帰室2時間後,4時間後,8時間後,24時間後の嚥下時VAS

・抜管時から術後24時間までのフェンタニル消費量およびレスキュー使用回数

・術後24時間後の回復の質スコア(QoR-40)

・術中のレミフェンタニル使用量

・退室後初回レスキュー投与までの時間

・術後飲水開始時間

・術後食事開始時間および食事量

・有害事象発生率(神経ブロックによる局所麻酔薬中毒・血腫形成・局所感染,術後嘔気嘔吐,

低酸素イベント(SpO2<92%,)気管挿管・人工呼吸管理を要する気道関連有害事象)

利用する医薬品等

一般名称

ロピバカイン


販売名

アナペイン

組織情報

実施責任組織

札幌医科大学


住所

北海道札幌市中央区南1条西16丁目