ADHD (Attention-deficit/hyperactive disorder)児に対する家庭における ニューロフィードバックトレーニング(Neurofeedback Training: NFT)の適用』研究について

目的

本研究の目的は、ADHD児を家庭でニューロフィードバックトレーニング(Neurofeedback Training:NFT)をすることでADHD児の問題行動が脳波の改善が起きるかどうかを探索することである。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

8歳 0ヶ月 以上10歳 12ヶ月 以下


選択基準

研究開始時点で,8歳から10歳であり、ADHDの診断をうけていること、あるいは注意力欠如や行動制御欠如により家庭や学校で問題行動を起こしていることでご家族が悩んでいる状態であること。同時に、ご自宅にPCがあり、保護者がオンラインによる研究者とのやり取りやデータ送信とお子さんに週二回のトレーニングを実施することができること。


除外基準

ADHDのための薬物療法をしていないことに加えて、腸管漏れ例症候群、てんかんや脳損傷、知的発達障害、自傷行為などがないこと。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

The Test of Variables of Attention(TOVA)、QEEG Data, NFT SMR Data


第二結果評価方法

コナーズ日本語版テスト

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報