観察研究

食べ物が脳に与える効果についての研究

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、特定の食品が言語課題の実施にどのような影響を与えるかを調べることです。具体的には、理解力、集中力、想像力、脳活動にどのような影響があるかを明らかにすることを目的としています。

対象疾患


失語症

参加条件


募集中

この治験に参加するには、年齢が12歳以上29歳以下で、男性でも女性でも参加できます。ただし、健康な人で、右利きであることが必要です。MRI検査ができない人は参加できません。

治験内容


この治験は、失語症という病気を研究するものです。研究の方法は、観察研究というもので、患者さんたちの病気の状態を観察して、治療の効果を調べます。治療の効果を評価する方法は、患者さんたちの行動データや脳の機能をイメージングすることで、脳の活動を調べます。この治験に参加することで、失語症の治療に役立つ情報が得られるかもしれません。

治験フェーズ

情報なし:

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


東京大学

東京都目黒区駒場3ー8ー1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。