体外衝撃波および振動マッサージ銃を用いて軟部組織への影響

臨床研究

目的

筋肉および筋膜という軟部組織の状態はROM、最大筋力などの身体パフォーマンスを影響することを報告されている。軟部組織が注目され、近年では、病院あるいはクリニックで体外衝撃波の使用、スポーツチームやアスリートが振動マッサージ銃の導入が多い。体外衝撃波の使用によって、痛みの軽減とROMの増加を報告されている。振動マッサージ銃に関する研究が少ないが、ROMの改善があるという報告がある。しかし、上記の機材を用いて、身体機能やパフォーマンスへの影響があるが、軟部組織が実際に変わるのかについてはまだ不明である。本研究では、筋肉および筋膜である軟部組織を注目し、体外衝撃波と振動マッサージ銃を利用し、軟部組織の変化を明らかにすることを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上35歳 以下


選択基準

疾患がある人ではない、心身ともに健康な人の男性と女性。また、週一定の練習時間を保っている人


除外基準

整形外科的、内科的病気がいずれかあれば、実験対象から除外する。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

介入前後で超音波診断装置を用いて、shear waveとの機能でDeep fascia,muscle,inter muscle fasciaの柔らかさを評価し、上記の機材の使用によって、変化が発生するのかを明らかにする。


第二結果評価方法

ROMと圧痛域の変化を見るため、先行研究を参考し、ROMと圧痛域の評価も介入前後で行う。ROMの評価については、角度計とbiodexを活用し、ROMを測定する。圧痛計を用いて圧痛域を評価する。一方、先行研究では、体外衝撃波と振動マッサージ銃の使用で、筋肉の血流や筋内酸素飽和度を改善することも報告されたため、本研究はmoxyモニター(Moxy, Fortiori Design LLC 社製, USA)を用いて、対象筋の筋内酸素飽和度を測定する。

利用する医薬品等

一般名称

販売名