術後における痛みの生理学的指標に関する臨床研究

臨床研究

目的

本研究では、我々の研究グループが開発した脳波解析アルゴリズムによって取得した脳波データによって、患者が痛みを感じているという判別がどの程度可能かの検証を行うことを目的とする。手術患者に対して、術前に実験的痛み刺激に対する痛覚感受性検査を行い、その患者が痛み刺激に対してどのような反応が生じるのかを確認したうえで、手術前後の脳波変化および手術後の鎮痛薬の投薬前後の脳波変化を分析し、手術による不快感がどの程度であったか、術後の鎮痛薬の効果がどのくらいであったかを評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1. 年齢:同意取得時において、年齢が20歳以上の患者

2. 性別:不問

3. 手術予定の患者

4. 本研究への参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、患者本人の自由意思による文書同意が得られた患者


除外基準

研究責任者が研究対象者として不適当と判断した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

脳波を基に数値化された痛みの推定値


第二結果評価方法

NRS、VAS、Pain Visionの電流値、SFMPQ-2の値

脈拍数、脈波振幅、スキンコンダクタンス反応

利用する医薬品等

一般名称

販売名