非特定臨床研究

胃もたれに効果的な薬の組み合わせの効果を調べる治験

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、機能性ディスペプシアという病気に対する治療法として、六君子湯という漢方薬をPPIという薬に加えることで、症状の改善が早くなるかどうかを調べることです。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

機能性ディスペプシア

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で男性でも女性でもOKです。参加するためには、以下の条件をすべて満たす必要があります。1つ目は、胃の不快感などの症状があること。2つ目は、胃の細菌であるヘリコバクターピロリが陰性であるか、除菌されていること。3つ目は、20歳以上であること。4つ目は、食後にもたれたり、早く満腹感があるか、または胸の中央あたりが痛むか、上腹部が熱く感じるかのいずれかの症状があることです。ただし、以下の条件に該当する場合は、参加できません。1つ目は、現在ヘリコバクターピロリに感染している場合。2つ目は、胃の内視鏡検査で病気が見つかった場合。3つ目は、すでに同じ症状に対して治療を始めている場合。4つ目は、非ステロイド性抗炎症薬を服用している場合。5つ目は、使用する薬剤にアレルギーがある場合。6つ目は、研究担当医師が不適当と判断した場合です。

治験内容


この治験は、機能性ディスペプシアという病気を対象にした研究で、介入研究と呼ばれるタイプです。治験の目的は、投与前と投与2週間後に患者さんの症状を調べ、初期の段階での症状改善の有無を検討することです。また、4週間後や8週間後にも症状の改善の有無を調べ、薬剤の副作用の有無も検討します。症状の調査には、mFSSG、GSRS、VRSという方法を使います。

利用する医薬品等


一般名称

六君子湯、エソメプラゾール

販売名

六君子湯、ネキシウム

組織情報


実施責任組織

香川大学医学部附属病院

香川県香川県木田郡三木町池戸1750-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。