手術・手技

左足のリズムを整えるための治療法の比較試験:留置方法のランダム化比較

治験詳細画面

目的


左脚ペーシングの治療において、従来の方法と解剖学的な方法の留置方法の違いが、成功率、手技時間、合併症にどのような影響を与えるかを調べるための治験を行う。

基本情報


募集ステータス

募集前

対象疾患

徐脈

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で男性または女性であることです。また、治験に参加する前に、本人または代理人から文書で同意が得られていること、ペースメーカー植込みの適応となる診断が得られていること、同意を得た時点で18歳以上であることが必要です。ただし、感染が疑われる場合や、1年後の後観察が困難と判断される場合、または特定の条件を希望する場合は、参加ができない場合があります。

治験内容


この治験は、徐脈という病気に対する治療方法を研究するものです。治療方法は、介入研究と呼ばれるもので、患者さんにある種の処置を行います。主な評価方法は、左脚のペーシングの成功率で、特定の基準を満たすかどうかで判断します。また、手術時間や造影剤使用量など、様々な要素も評価します。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院

熊本県熊本市南区近見5丁目3番1号

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。