イカチバントの遺伝性血管性浮腫小児患者に対する特定使用成績調査

治験

目的

本調査は、2歳以上18歳未満の遺伝性血管性浮腫(HAE)患者における急性発作の症状治療を適応としたイカチバントの安全性及び有効性データを収集することが目的である。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

2歳 以上18歳 未満


選択基準

本剤を初めて投与された2歳以上18歳未満のHAE患者全症例


除外基準

治験あるいは転院症例等で、本剤の使用経験がある患者

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

1. 有害事象(TEAE)の発現症例数評価期間:3か月間


第二結果評価方法

1. 発作発現から治療開始までの時間評価期間:3か月間発作発現から初回投与までの時間を評価する。2. 初回投与から最初の症状緩和までの時間評価期間:3か月間初回投与から最初のHAEの症状緩和までの時間を評価する。3. 初回投与から症状消失までの時間評価期間:3か月間初回投与からHAEのすべての症状の完全な消失までの時間を評価する。4. 発作の持続時間評価期間:3か月間発作の開始からすべての症状の消失までの時間を評価する。

利用する医薬品等

一般名称

イカチバント酢酸塩


販売名

フィラジル皮下注30mgシリンジ