輸血を定期的に受けていないピルビン酸キナーゼ欠乏症(PKD)成人参加者を対象にAG-348の有効性及び安全性を評価する試験

治験

目的

輸血を定期的に受けていないPKD成人参加者を対象に、プラセボと比較したAG-348の有効性及び安全性を評価すること。

基本情報

募集ステータス
研究終了


フェーズ3

同じ対象疾患の治験

(0件)

    参加条件

    性別

    男性・女性


    年齢

    18歳 超える上限なし


    選択基準

    - インフォームドコンセント、 - 18歳以上の男女、 - PKLR遺伝子中に2個以上の変異誘発遺伝子が存在し、その1個以上がミスセンス変異であるとの記録と定義されるピルビン酸キナーゼ(PK)欠乏症が、臨床検査で確認されたことが記録されている、 - 性別に関係なく、ヘモグロビン(Hb)濃度が1デシリットル当たり10.0グラム(g/dL)以下(スクリーニング期間中に[7日以上あけて]2回以上測定したHbの平均値)、 - 試験治療1日目までの12カ月に受けた輸血が4回以下で、かつ、試験治療の1日目の前3カ月に輸血を受けていないと定義する定期的輸血を受けていないとみなされる、 - 試験治療薬の初回投与前に21日以上、0.8 mg以上の葉酸を毎日投与されており、試験参加中に連日継続予定である、 - F妊娠可能な女性及び妊娠可能な女性のパートナーがいる男性は、女性の場合はインフォームドコンセント提出時点から、本試験中及び試験治療薬の最終投与後28日間、男性の場合は試験治療薬の最終投与後90日間、通常の生活習慣の一環として禁欲するか、2種類の避妊法(うち1種類は効果が大きいと考えられるものでなければならない)をを用いることに同意すること、 - 本試験中のすべての試験手続きに従う意思がある、 - 臓器機能が十分である、 - 妊娠可能な女性は血清妊娠検査が陰性である、


    除外基準

    - R479H変異についてホモ接合性であるか、2個の非ミスセンス変異があり、PKLR遺伝子中の別のミスセンス変異がない、 - 本試験への参加に対する許容できないリスクを与えるか、本試験データの解釈を混乱させうるか、またはこの両方である重大な医学的状態、 - 本試験治療期間中に脾摘出術が予定されているか、インフォームドコンセント署名前の12カ月以内に脾摘出術を受けた; - 現在、治験薬または市販薬またはプラセボによる治療を実施中の別の治療的臨床試験に登録されている。PK Deficiency Natural History Study(NHS)(NCT02053480)またはPK Deficiency Registryへの参加歴または本試験後の参加は許容されるが、同時参加は許容されない。本試験に登録する参加者は、NHSまたはRegistryへの参加を一時的に中止すること。 - 本試験治療薬の初回投与の前3か月以内への治験薬、治験装置または治験処置の使用、 - ピルビン酸キナーゼ活性化因子での治療歴、 - 骨髄または幹細胞移植歴、 - 妊娠中または授乳中、 - インフォームドコンセントへの署名前6か月以内の大手術歴; - チトクロムP450(CYP)3A4の強力な阻害剤、CYP3A4の強力な誘導剤、P-糖タンパク質(P-gp)の強力な阻害剤、またはジゴキシン(P-gp感受性基質薬)である薬剤を服用中で、試験治療薬の初回投与前の5日以上または5半減期と同等の期間(どちらか長いほう)これらを中止していない場合、 - 造血刺激薬を服用中で、試験治療薬の初回投与前最低28日間中止していない場合、 - スルホンアミド類に対するアレルギー(溶血性貧血を特徴とするもの)、薬物性肝損傷、アナフィラキシー、多形紅斑型発疹またはスティーブンス・ジョンソン症候群、胆汁うっ滞性肝炎、あるいはその他の重篤な臨床症の既往歴; - AG-348またはその賦形剤に対するアレルギー歴、 - 治療前28日以内にテストステロン製剤などタンパク質同化ステロイドを服用中。

    治験内容

    介入研究


    主要結果評価方法

    ベースラインからのヘモグロビン(Hb)濃度上昇15 g/dL以上が16、20、24週目の予定した評価で2回以上持続されることと定義したHb反応を達成した被験者の割合(%)


    第二結果評価方法

    1. 16、20、24週目のHb濃度のベースラインからの変化の平均値 2. 24週目までのHb濃度のベースラインからの変化の最大値 3. 24週目までにHb濃度の1.5 g/dL以上の上昇を達成するまでの時間 4. 16、20、24週目の間接ビリルビンのベースラインからの変化の平均値 5. 16、20、24週目の乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)のベースラインからの変化の平均値 6. 16、20、24週目のハプトグロビンのベースラインからの変化の平均値 7. 16、20、24週目の網状赤血球の割合(%)のベースラインからの変化の平均値 8. 24週目のピルビン酸キナーゼ欠乏症日誌(OKDD)スコアのベースラインからの変化 9. 24週目のピルビン酸キナーゼ欠乏症影響評価(PKDIA)スコアのベースラインからの変化 10. インフォームドコンセントへの署名から経過観察(197日目)を含む試験終了までに有害事象のあった参加者の割合(%) 11. 時間0から85日目(12週目)の投与前、投与後30分、1、2、4、8時間のAG-348の最後の定量可能濃度までの曲線下面積[AUC(0-last)] 12. 85日目(12週目)の投与前、投与後30分、1、2、4、8時間のAG-348の最高血中濃度(Cmax) 13. 85日目(12週目)の投与前、投与後30分、1、2、4、8時間のAG-348のCmaxまでの時間(Tmax) 14. 85日目(12週目)の投与前、投与後30分、1、2、4、8時間のAG-348の最後の測定可能濃度までの時間(Tlast) 15. mitapivatの初回投与から経過観察(197日まで)を含む試験終了までの有害事象とAG-348濃度及びAG-348の関連する薬物動態パラメータとの用量反応関係 16. ベースライン、24週目の安全性パラメータ(男性被験者の性ホルモン)とAG-348濃度及びAG-348の関連する薬物動態パラメータの用量反応関係 17. 最終投与後4週(ほぼ31週目)までに特に注目すべき有害事象(AESI)のあった参加者の割合(%) 18. 24週目の骨密度Zスコアのベースラインからの変化 19. 24週目の骨密度Tスコアのベースラインからの変化

    利用する医薬品等

    一般名称

    Mitapivat


    販売名

    なし

    組織情報

    実施責任組織

    住所

    その他

    LOADING ..

    同じ対象疾患の治験

    (0件)