小児及び成人のレノックス・ガストー症候群(LGS)患者を対象に併用療法として投与したときのsoticlestatの有効性、安全性及び忍容性を検討する、多施設共同、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間比較試験

治験

目的

本治験の主目的は、小児及び成人のレノックス・ガストー症候群(LGS)患者を対象にsoticlestatを併用療法として投与した時のmajor motor drop(MMD)発作頻度の減少を評価することである。また、soticlestatを併用療法として投与した時の安全性プロファイルを評価することである。

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

2歳 以上55歳 以下


選択基準

1. 裏付けされたレノックス・ガストー症候群(LGS)の臨床的診断を有する者2. スクリーニング前3ヵ月間で各1ヵ月あたり8回以上のMMD発作の既往があり、試験開始後4~6週間のベースライン期に28日あたり8回以上のMMD 発作が発現した者3. スクリーニング来院(Visit 1)時に体重が10 kg以上の者4. 1剤以上の抗てんかん薬(ASM)を使用してもコントロールできなかった発作の既往を有し、現在もてんかんの治療又は標準治療(SOC)とみなされる他の治療を受けている者5. 規制当局からASMとして承認されていないcannabidiolは、スクリーニング来院(Visit 1)前の4週間以上、安定した用量で使用している場合に許容される。用法及び用量並びに製造業者は治験期間を通して一定であること(規制当局からASMとして承認されていないcannabidiolはASMとして数えない)6. スクリーニング来院(Visit 1)前の4週間以上、安定した用量で0~3剤のASMの投与を受けている者:発作治療のために慢性的に(毎日)使用しているベンゾジアゼピン系薬剤はASMとみなす。フェンフルラミン及びcannabidiol(Epidiolex)は、市販されていれば可とし、ASMとして数える。ASMの用法及び用量は、治験期間を通して一定であること


除外基準

1. スクリーニング(Visit 1)前の直近3ヵ月以内に2回以上てんかん重積状態の治療のため医療施設に入院し、挿管した者。この除外基準の目的では、てんかん重積状態は、発作が5分以上続くこと、又は発作間にベースラインに戻ることがない連続発作と定義する。2. 被験者の治験に参加する能力に影響を与えうる又は治験結果と交絡するおそれがある、不安定かつ臨床的に問題のある神経系疾患(治験対象疾患を除く)、精神疾患、心血管系疾患、眼疾患、肺疾患、肝疾患、腎疾患、代謝性疾患、消化器系疾患、泌尿器疾患、免疫系疾患、造血器疾患、内分泌疾患、進行性の腫瘍等の悪性腫瘍又はその他の異常を有している者。臨床的に問題であるか否かの評価については治験責任医師又は治験分担医師が責任を負う。ただし、メディカルモニターとの協議が必要な場合もある。3. 直近に自殺又は自傷、他傷若しくは器物破損のリスクがあると治験担当医師が判断した者、スクリーニング(Visit 1)前12ヵ月以内に自殺を図ったことがある者、又は投与(Visit 2)前に実施するコロンビア自殺重症度評価スケール(C-SSRS)の質問4又は5に「はい」と回答した者。ただし、C-SSRSは、6歳以上の被験者に対してのみ実施する。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1. 全治験薬投与期における28日あたりのMMD発作頻度のベースラインからの変化率評価期間:ベースラインからWeek 16まで28日あたりのMMD発作頻度は、期間中に報告されたMMD発作の総数を、発作の観察日数で割り28をかけた数値と定義する。ベースラインからの変化率は、(全治験薬投与期の28日あたりの発作頻度 – ベースラインにおける28日あたりの発作頻度)/ ベースラインにおける28日あたりの発作頻度* 100で算出する。2. 用量維持期における28日あたりのMMD発作頻度のベースラインからの変化率(EMA特有の評価項目)評価期間:ベースラインからWeek 16まで28日あたりのMMD発作頻度は、期間中に報告されたMMD発作の総数を、発作の観察日数で割り28をかけた数値と定義する。ベースラインからの変化率は、(全治験薬投与期の28日あたりの発作頻度 – ベースラインにおける28日あたりの発作頻度)/ ベースラインにおける28日あたりの発作頻度* 100で算出する。本評価項目はEMA特有の項目である。


第二結果評価方法

1. 用量維持期におけるレスポンダーの割合評価期間:ベースラインからWeek 16までレスポンダーは、用量維持期におけるMMD発作がベースラインから50%以上減少した被験者と定義する。2. 全治験薬投与期におけるレスポンダーの割合評価期間:ベースラインからWeek 16までレスポンダーは、全治験薬投与期におけるMMD発作がベースラインから50%以上減少した被験者と定義する。3. Cumulative response curveでMMD発作が0%以下、0%を超え25%以下、25%を超え50%以下、50%を超え75%以下、75%を超え100%以下で減少した被験者の割合評価期間:ベースラインからWeek 16まで4. Caregiver Global Impression of Improvementスコア(Care GI-I)評価期間:ベースラインからWeek 16までCare GI-Iは7段階のリッカート尺度であり、介護者が治験薬投与開始後の全般的な発作コントロール、行動、安全性及び忍容性の改善度をベースライン(治験薬投与前)と比較して評価する。被験者の親/介護者は被験者に関し、以下に示す段階で評価する:1(非常に大きく改善)、2(大きく改善)、3(わずかに改善)、4(変化なし)、5(わずかに悪化)、6(大きく悪化)、7(非常に大きく悪化)。スコアが高いほど症状が重いことを示す。5. Clinical Global Impression of Improvementスコア(CGI-I)評価期間:ベースラインからWeek 16までCGI-I(医師)は7段階のリッカート尺度であり、治験担当医師がベースライン(治験薬投与前)との比較で治験薬投与開始後の全般的な発作コントロール、行動、安全性及び忍容性における変化(改善)の度合いを評価する。治験担当医師は被験者に関し以下に示す段階で評価する:1(非常に大きく改善)、2(大きく改善)、3(わずかに改善)、4(変化なし)、5(わずかに悪化)、6(大きく悪化)、7(非常に大きく悪化)。スコアが高いほど症状が重いことを示す。6. CGI-I非発作症状評価期間:ベースラインからWeek 16までCGI-I非発作症状は、一連の単一項目評価スケールであり、治験担当医師はこれを用いて選択された非発作ドメイン(コミュニケーション、覚醒/鎮静状態、及び破壊的行動等)の治験薬投与開始後の改善度を評価する。治験担当医師は被験者に関し以下に示す段階で評価する:1(非常に大きく改善)、2(大きく改善)、3(わずかに改善)、4(変化なし)、5(わずかに悪化)、6(大きく悪化)、7(非常に大きく悪化)。ベースライン期に治験担当医師は、主な介護者から非発作症状の発現に基づく被験者の状態の情報を得て症状フォームに入力する。ベースライン期に入力した症状フォームは、それ以降の来院時における、これらの症状に関連する被験者の状態の変化を治験責任医師又は治験分担医師、及び介護者が評価する際に参照として使用する。スコアが高いほど症状が重いことを示す。7. Quality of Life Inventory-Disability(QI-Disability)スコアの変化評価期間:ベースラインからWeek 16までQI-Disabilityは、知的障害を有する小児の生活の質を評価する、親/介護者報告による質問票である。この質問票には、生活の質の6つのドメイン(身体的健康、肯定的感情、否定的感情、社会的交流、レジャー及び屋外活動並びに自立)に関連する32項目が含まれている。スコアは5段階のリッカート尺度であり、0~100のスコアに換算される。スコアの範囲は0~100であり、スコアが高いほど生活の質が高いことを示す。8. CGI-I発作の強度及び持続時間評価期間:ベースラインからWeek 16までCGI-I発作の強度及び持続時間を用いて、被験者の親/介護者が最も影響が著しい発作の強度及び/又は持続時間の初回評価時からの変化を評価する。被験者の症状は以下に示す段階で評価する:1(非常に大きく改善)、2(大きく改善)、3(わずかに改善)、4(変化なし)、5(わずかに悪化)、6(大きく悪化)、7(非常に大きく悪化)。スコアが高いほど症状が重いことを示す。9. 用量維持期における28日あたりのすべての発作頻度のベースラインからの変化率評価期間:ベースラインからWeek 16まで28日あたりの発作頻度は、期間中に報告された発作の総数を、発作の観察日数で割り28をかけた数値と定義する。ベースラインからの変化率は、(全治験薬投与期の28日あたりの発作頻度 – ベースラインにおける28日あたりの発作頻度)/ ベースラインにおける28日あたりの発作頻度* 100で算出する。10. 全治験薬投与期における28日あたりのすべての発作頻度のベースラインからの変化率評価期間:ベースラインからWeek 16まで28日あたりの発作頻度は、期間中に報告された発作の総数を、発作の観察日数で割り28をかけた数値と定義する。ベースラインからの変化率は、(全治験薬投与期の28日あたりの発作頻度 – ベースラインにおける28日あたりの発作頻度)/ ベースラインにおける28日あたりの発作頻度* 100で算出する。11. 用量維持期における28日あたりのMMD発作頻度のベースラインからの変化率評価期間:ベースラインからWeek 16まで28日あたりのMMD発作頻度は、期間中に報告されたMMD発作の総数を、発作の観察日数で割り28をかけた数値と定義する。ベースラインからの変化率は、(全治験薬投与期の28日あたりの発作頻度 – ベースラインにおける28日あたりの発作頻度)/ ベースラインにおける28日あたりの発作頻度* 100で算出する。12. MMD発作がなかった日の割合のベースラインからの変化評価期間:ベースラインからWeek 16までMMD発作がなかった日とは、治療の開始以降MMD発作がなかった日数と定義する。13. MMD発作がなかった最長期間評価期間:ベースラインからWeek 16までMMD発作がなかった最長期間とは、治療の開始以降MMD発作がなかった日までの最長期間と定義する。14. レスキュー用ASMの使用日数評価期間:ベースラインからWeek 16まで

利用する医薬品等

一般名称

TAK-935(Soticlestat)


販売名

なし