ファブリー病で左室肥大を有する患者を対象とした左室心筋重量係数に対するvenglustatの効果を通常の標準治療と比較して評価する18か月間のランダム化、非盲検、並行群間、第III相試験

治験

目的

本治験は18か月間、多施設共同、ランダム化、実薬対照、並行群間第III相試験II相試験II相試験I相試験I相試験であり、ファブリー病で左室肥大を有する成人患者を対象とした 左室心筋重量係数(LVMI)に対するvenglustatの効果を検討するため、被験者はvenglustat又は標準治療(アガルシダーゼ アルファ、アガルシダーゼ ベータ、又はミガーラスタット)にランダム化される。

- 治験来院は約3〜6か月ごとに行われる。

- ランダム化期間を完了した被験者は、長期継続投与(OLE)期間としてさらに最長18か月までvenglustatの投与を受けることができる。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上65歳 以下


選択基準

- ファブリー病の臨床症状の既往歴に基づき、過去にファブリー病の確定診断を受けたことのある18歳以上65歳以下の成人男性及び女性

- アガルシダーゼ アルファ、アガルシダーゼ ベータ、またはミガーラスタットでの治療を受けている、または治療を受けていない

- 左室肥大

- 被験者への避妊:妊娠中又は授乳中でない女性。精子提供をしない男性

- 本治験に関連した手順を実施する前に署名済みの同意文書を提出できる


除外基準

- 一過性脳虚血発作、脳卒中、心筋梗塞、心不全、大規模な心臓血管手術、または腎移植の既往歴

- 現在治療を要する発作の既往歴

- 左室肥大を引き起こす、またはその一因となる可能性がある基礎疾患

- スクリーニング時の心臓MRI(中央読影により確認)による非対称性肥大

- スクリーニング時の心臓MRIでの基部下側壁の左室壁の範囲を超えた、著明なガドリニウム遅延造影と定義される、進行した心筋の線維化

- 治療を受けたことがある、または現在治療を受けている臨床的に意義のある不整脈

- 推算糸球体濾過量が60 mL/min/1.73 m^2未満

- ベック抑うつ質問票第2版(BDI-II)のスコアが28超の重度のうつ病及び/又はスクリーニング来院前1年以内に治療を受けていない不安定な大感情障害の既往歴

- C型肝炎、抗ヒト免疫不全ウイルス(HIV)またはB型肝炎に感染している患者

- 組入れ2週間以内にSARS-CoV-2ウイルス陽性と判明している、または組入れ6か月以内に入院を要した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

- 薬物またはアルコールの乱用歴がある患者

- 中等度~重度の肝機能障害

- 活動性肝胆道系疾患または肝胆道系疾患の既往歴

- 肝酵素(アラニンアミノトランスフェラーゼ[ALT]、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ[AST])または総ビリルビンが基準範囲上限(ULN)の2倍を超える患者

- ランダム化前14日以内または半減期の5倍の期間以内(いずれか長い方)に、FDA分類による強力なまたは中程度のシトクロムP450 CYP3Aの誘導薬又は阻害薬の投与を受けた患者

- MRI実施における既知の禁忌、またはガドリニウム造影剤に対する既知の過敏症

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1. 心臓MRIにより測定(中央判定)した左室心筋重量係数(LVMI)の傾き

[評価期間:ベースラインから18か月時点まで]


第二結果評価方法

1. Chronic Kidney Disease Epidemiology Collaboration(CKD-EPI)式のクレアチニン算式により評価したeGFRの傾き

[評価期間:ベースラインから18か月時点まで]

2. 心臓MRIにより測定(中央判定)したT1緩和時間の変化

[評価期間:ベースラインから18か月時点まで]

3. 心エコー検査で測定(中央判定)した長軸方向グローバルストレインの変化

[評価期間:ベースラインから18か月時点まで]

4. 有害事象(AE)および重篤な有害事象(SAE)を発現した被験者数

[評価期間:ベースラインから18か月時点まで]

5. BDI-IIスコアの変化

[評価期間:ベースラインから18か月時点まで]

6. 治験期間中の規定来院時の血漿中venglustat濃度

[評価期間:ベースラインから18か月時点まで]

利用する医薬品等

一般名称

Venglustat (GZ402671)、アガルシダーゼ アルファ、アガルシダーゼ ベータ、ミガーラスタット


販売名

なし、リプレガル、ファブラザイム、ガラフォルド