特定臨床研究

肝切除手術中の超音波検査の効果についての研究

治験詳細画面

目的


肝切除手術中に超音波を使って胆道を見る方法の有用性を調査する臨床試験を行います。

対象疾患


生体肝移植ドナー
胆道系疾患
生体肝移植

参加条件


募集中

男性・女性

20歳以上

上限なし

選択基準

同意取得時に、年齢が20歳以上の方
本研究への登録前に試験内容の十分な説明を受け、ご自身から文書による同意をされた方
肝胆道疾患に対して肝切除術が第一選択の治療である方
生体肝移植用部分肝切除を受ける予定のドナーの方
肝切除の手術方法として胆嚢摘出術を行う必要がある方
肝切除の手術方法として1区域以上の切除を要する方

除外基準

ソナゾイドもしくはウログラフィンの成分に対し過敏症の既往がある方
重篤な甲状腺疾患のある方
術前より胆嚢炎、胆管炎などを合併している方
その他の理由で研究責任医師および研究分担医師等が本研究の対象として不適当と判断した方
ソナゾイドもしくはウログラフィンの成分に対し過敏症の既往がある方
重篤な甲状腺疾患のある方
術前より胆嚢炎、胆管炎などを合併している方
その他の理由で研究責任医師および研究分担医師等が本研究の対象として不適当と判断した方

治験内容


この治験は、肝切除を要する肝胆道系疾患や生体肝移植ドナーを対象として行われています。主な評価方法は術中胆道造影に要する時間であり、その他にも様々な評価方法があります。例えば、術者へのアンケートによる造影法に対する満足度調査や胆管像の描出能力、周術期の胆道関連合併症の発生などが評価されます。また、ソナゾイドの適応外使用における安全性や様々な合併症の発生率なども調査されます。治験の目的は、新しい治療法や手術法の効果や安全性を確認することです。

治験フェーズ

フェーズ3: 多くの実際の患者さんが対象

利用する医薬品等

一般名称

ペルフルブタンマイクロバブル、アミドトリゾ酸

販売名

ソナゾイド、ウログラフィン

実施組織


神戸大学医学部附属病院

兵庫県神戸市中央区楠町7丁目5-2

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。