Dexmedetomidineを用いた鎮静中の内視鏡的逆行性胆管膵管造影患者を対象としたNasal High Flowによる鎮静度の安定化に関する検討

目的

静脈麻酔下で内視鏡的逆行性胆道膵管造影患者( ERCP)を行う患者で起こりうる術中の高二酸化炭素血症の発症をNasal High Flowの使用により防止することでdexmedetomidineによる鎮静を安定化することがえdきるかを検討する

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

胆道疾患


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上85歳 未満


選択基準

1) 年齢:同意取得時において、年齢が20歳以上85歳未満の成人患者

2) 性別:不問

3)入院/外来:入院のみ

4)本研究への参加にあたり十分な説明を受けた後 、十分な理解の上、患者本人の自由意思による文書同意が得られた患者


除外基準

1) 経鼻カニューレによる酸素の持続投与(在宅酸素療法)

2) 鼻呼吸が出来ない患者

3)内視鏡前の当日に抗血栓薬の減量・中止ができない患者

4)気胸の既往がある患者

5)新型コロナウイルス(SARS -CoV-2)PCR検査で陽性の患者

6)気管支喘息発作中あるいは重篤な喘息の既往がある患者

7)その他、研究責任者が研究対象者として不適当と判断した患者

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

併用する鎮痛薬のペチジンの総投与量


第二結果評価方法

1)静脈麻酔時に経皮的二酸化炭素濃度の最大値が60mmHg以上(PaCO2>55mmHgに相当)を示す著しい高二酸化炭素血症の発生割合

2)静脈麻酔時の単位時間あたりの経皮的二酸化炭素濃度の曲線下面積(AUC)

3)静脈麻酔時に経皮的二酸化炭素濃度の最大値が50mmHg以上(PaCO2>45mmHgに相当)を示す中等度の高二酸化炭素血症の持続時間

4)静脈麻酔時に経皮的酸素飽和度の値が90%以下を示す低酸素血症の発生率

5)Radical7を用いた呼吸数

6)心電図電極のインピーダンス変化から呼吸数

7)鎮静薬(Dexmedetomidine)の総投与量、麻酔時間当たりの投与量

8)SEDLINEを用いた鎮静度

9)客観的評価であるRamsay scale

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

長崎大学病院


住所

長崎県長崎市坂本1−7−1