観察研究

体外循環時の酸化ストレスと抗酸化力の研究

治験詳細画面

目的


治験の目的は、体外循環中における酸化ストレスの増加と抗酸化力を調査することです。

対象疾患


心臓手術

参加条件


研究終了

男性・女性

下限なし

上限なし

選択基準

全身麻酔下の心臓手術で人工心肺装置を用いた体外循環症例

除外基準

日本腎臓学会発作成のCKD診療ガイドライン2018にてGFR区分(ml/分/1.73㎡)より、G3a(45 ml/分/1.73㎡)以下に該当する方
日本腎臓学会発作成のCKD診療ガイドライン2018にてGFR区分(ml/分/1.73㎡)より、G3a(45 ml/分/1.73㎡)以下に該当する方

治験内容


この治験は、心臓手術を受ける患者を対象に行われています。研究のタイプは観察研究で、フェーズ1の段階にあります。研究の主な目的は、心臓手術中に人工心肺を使用した場合の酸化ストレスと抗酸化力の変化を比較することです。 また、研究では以下の点も評価されます: - 酸化ストレスと抗酸化力の値が採取される部位による違い - 血液ガス検査、生化学検査、血算検査との関連性 - 体外循環管理値との関連性 - 炎症性サイトカインとの関連性 これらの評価を通じて、心臓手術中の体外循環における酸化ストレスと抗酸化力の影響を理解しようとしています。

治験フェーズ

フェーズ1: 健康な成人が対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


国際医療福祉大学成田病院

千葉県千葉県成田市公津の杜4-3

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。