睡眠呼吸障害対策による労働生産性向上の機構解明

目的

本研究の目的は,①メタボ(予備群を含む)を有する男性労働者を対象に,睡眠評価装置等を用いてSASの有無等の睡眠状態を評価し,労働生産性との関連を明らかにすること,②メタボ(予備群を含む)の改善がSASを改善するか否かを明らかにすること,③SAS,SAS前状態の改善が「労働生産性の向上」につながるか否かを明らかにすることである。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性


年齢

40歳 以上74歳 以下


選択基準

1)企業1社に勤務する20歳以上の男性労働者2)2021~2022年度の特定健康診査の結果,積極的支援,動機づけ支援に該当する者3)本研究への参加にあたり十分なインフォームド・コンセントの後に,患者本人の自由意思による文書同意が得られている者


除外基準

すでにSAS治療中の者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

労働生産性(WHO-HPQ,東大1項目版プレゼンティーズム)


第二結果評価方法

睡眠評価装置:AHI(無呼吸低呼吸指数),RDI(呼吸障害指数),ODI(酸素飽和度低下指数),睡眠時間,睡眠効率,睡眠潜時,覚醒/睡眠ステージ,心拍数③自記式質問票:睡眠状況(アテネ不眠尺度,Japanese Epworth Sleepiness Scale),労働生産性(WHO-HPQ,東大1項目版プレゼンティーズム),職場環境(職業性ストレス簡易調査票),精神健康度(PHQ-9)

利用する医薬品等

一般名称

販売名