非特定臨床研究

切除不能な胆管狭窄に対する金属ステントの比較試験

治験詳細画面

目的


この治験の目的は、切除不能な悪性遠位胆管狭窄に対する6mm径と10mm径の金属ステントの効果を比較することです。治験は複数の施設で行われ、新しい治療法の有効性を確認するために行われます。

対象疾患


胆管狭窄
切除不能

参加条件


募集中

男性・女性

18歳以上

上限なし

選択基準

試験参加について十分な説明を受けた後、十分な理解の上で本人の自由意思による文書同意が得られた方
同意取得時の年齢が18歳以上の方
切除不能悪性遠位胆管狭窄(左右肝管合流部より2cm以上遠位の狭窄)の方
細胞診/組織診で悪性の確定診断が得られた方
血清総ビリルビン、AST、ALT、γ-GTP、あるいはALPが異常値を示し内視鏡的ドレナージが必要な方。異常値は血清総ビリルビン>1.5mg/dl、AST>100IU/l、ALT>100IU/l、γ-GTP>150IU/lを満たすものとし、ALPに関してはIFCCの基準で>250IU/lを満たすもの。既にプラスチックステントによる内視鏡的胆道ドレナージや経皮的胆道ドレナージを受けており、金属ステントによる胆道ドレナージへの移行を検討している場合は、初回胆道ドレナージ前(前医値含む)の採血値での判定でも可

除外基準

金属ステントによる胆道ドレナージを施行されている方
膵癌切除可能性分類でR、BR-PV、BR-Aに該当する方
Eastern Cooperative Oncology Group performance statusが4: PS4の方
上部消化管術後再建の方 (Billroth I法再建は除く)
他臓器の重篤な機能障害(American Society of Anesthesiologist physical status classification grade Ⅲ or Ⅳ)の方
その他、研究責任(分担)医師が被験者として不適切と判断した方
金属ステントによる胆道ドレナージを施行されている方
膵癌切除可能性分類でR、BR-PV、BR-Aに該当する方
Eastern Cooperative Oncology Group performance statusが4: PS4の方
上部消化管術後再建の方 (Billroth I法再建は除く)
他臓器の重篤な機能障害(American Society of Anesthesiologist physical status classification grade Ⅲ or Ⅳ)の方
その他、研究責任(分担)医師が被験者として不適切と判断した方

治験内容


この治験は、切除不能な悪性遠位胆管狭窄を対象としたフェーズ3の介入研究です。主な評価方法は、ステント閉塞再発までの時間(TRBO)です。また、安全性や有効性の評価方法として、RBO以外の偶発症の発生割合や非RBO率、生存期間、RBOの原因などがあります。治験の目的は、患者の症状の改善や生存期間の延長を目指して行われています。

治験フェーズ

フェーズ3: 多くの実際の患者さんが対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


三重大学医学部附属病院

三重県津市江戸橋2丁目174

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。