経頭蓋磁気刺激を用いた反復ペア刺激法による神経可塑的変化の検討

目的

反復ペア刺激法介入前後で運動野の活動および、運動野に関わるその他の脳領域の活動も変化する、またその変化は健常者・神経疾患患者(パーキンソン症候群、脳卒中、脊髄小脳変性症)で異なるか検証する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

パーキンソン病を含むパーキンソン症候群、脳卒中、脊髄小脳変性症


治験フェーズ

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 0ヶ月 0週 以上85歳 0ヶ月 0週 以下


選択基準

選択基準

研究に参加する同意の得られた成人を対象とする。

健常者)

精神神経疾患の既往歴がなく、十分な理解・同意能力のある方に限る。

神経疾患患者)

選択基準

説明のもと、研究に参加する同意の得られた成人研究対象者で、京都大学医学部附属病院脳神経内科外来または入院で診療中の方を対象とする。対象疾患は、パーキンソン病を含むパーキンソン症候群、脳卒中、脊髄小脳変性症のいずれかとする。成人(20歳以上、2022年4月1日以降は18歳以上)を対象とするがそれ以外に年齢・性別に基準は設けない。


除外基準

除外基準

以下のいずれかの項目に該当する人は研究対象者としない。

1 研究対象者が同意を与えることが困難な場合

2 コミュニケーションに著しい障害があるとき

3 「経頭蓋磁気刺激検査・事前チェックリスト」および「MR検査事前チェックリスト」で不適合と判断された場合.

4 閉所恐怖症のある方

神経疾患患者)

除外基準

以下のいずれかの項目に該当する人は研究対象者としない。

1 全身状態が極めて不良な場合(バイタルサインの異常など)

2 研究対象者が同意を与えることが困難な場合

3 「経頭蓋磁気刺激検査・事前チェックリスト」および「MR検査事前チェックリスト」で不適合と判断された場合.

4 閉所恐怖症のある方

治験内容

研究のタイプ

非特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

TMSによる運動誘発電位


第二結果評価方法

脳波の各周波数帯域における振幅値、7T-MRIにおける構造評価における計測値、領野間の連関評価における計測値

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

京都大学医学部附属病院


住所

京都府京都市左京区聖護院川原町53