6㎜以上9㎜以下の大腸鋸歯状病変(SSL)に対するCold Snare Polypectomy(CSP)の有効性に関する前向き介入研究

目的

6mm以上9㎜以下の大腸鋸歯状病変(SSL)に対する治療としてCSPの有効性を明らかにする。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

大腸鋸歯状病変


治験フェーズ

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

内視鏡検査にて6mm以上9mm以下の大腸鋸歯状病変


除外基準

SSLの他に腺腫成分や癌の混在が疑われる病変

家族性大腸腺腫症などの遺伝性疾患である

潰瘍性大腸炎、クローン病である

抗血栓薬の一時内服中止ができずUEMRができない

全身的治療を要する感染症を有する

妊娠中、授乳中の女性

1年以上の予後が見込まれない

その他試験担当医が安全に治療するのに不適当と判断する症例

治験内容

研究のタイプ

非特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

CSPのSSLに対する完全切除割合(=EMR標本での病変消失割合)


第二結果評価方法

CSP後の水平断端への遺残割合、垂直断端への遺残割合

CSDP(Cold snare defect protrusion)の存在と垂直断端への遺残割合の関係

内視鏡的に病変が消失するまでに必要であったCSPの回数

腫瘍径毎の完全切除割合、必要なCSP回数

CSPの処置時間(鉗子挿入からCSPでの内視鏡的な病変消失まで)

偶発症(後出血、穿孔)

CSP、EMRでの病理組織

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

岡山大学病院


住所

岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1