ヒスタミンH1受容体拮抗薬で十分なコントロールが得られない慢性特発性蕁麻疹を有する成人患者を対象にremibrutinib(LOU064)の52週間の有効性,安全性,及び 忍容性を検証する多施設共同,ランダム化,二重盲検,プラセボ対照,第III相試験

治験

目的

ヒスタミンH1受容体拮抗薬で十分なコントロールが得られない慢性特発性蕁麻疹(CSU)の成人患者を対象として,remibrutinib(LOU064)25 mg b.i.d.の有効性,安全性,及び忍容性プラセボと比較し,検証すること

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

- 本治験にかかわるすべての評価及び検査の開始前に,文書により同意が得られた患者

- スクリーニング時に年齢18歳以上の男女

- スクリーニングまでにCSUと診断されてから6ヵ月以上が経過している患者(CSUの発症は,入手可能なすべての文書に基づき,治験責任医師又は治験分担医師が判断する)

- ランダム化時に第2世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬で十分なコントロールが得られないCSUと診断されている患者。これは,下記のすべてを満たす場合と定義する。

- 当該期間の第2世代H1受容体拮抗薬の使用にもかかわらず,スクリーニング前にそう痒及び膨疹が6週間以上連続して認められる

- ランダム化(Day1)前7日間のUAS7スコア(範囲:0~42)が16以上,ISS7スコア(範囲:0~21)が6以上,かつHSS7スコア(範囲:0~21)が6以上

- ランダム化前3ヵ月以内に,膨疹の出現が確認されている患者(スクリーニング時及び/又はランダム化時のいずれかに確認されている,あるいは患者の既往歴に記載されている)

- 治験期間中においてUrticaria Participant Daily eDiary,UPDDに入力し,治験実施計画書を遵守する意思及び能力がある患者

- ランダム化(Day 1)前7日間において,UPDD(朝又は夜)への入力忘れが1回以内の患者


除外基準

- 慢性蕁麻疹(慢性刺激誘発性の蕁麻疹)の主要な又は唯一の誘発因子が明確に定義されている患者。人工蕁麻疹(症候性の隆起性皮膚描記症),寒冷蕁麻疹,温熱蕁麻疹,日光蕁麻疹,圧蕁麻疹,遅発性圧蕁麻疹,水蕁麻疹,コリン性蕁麻疹,又は接触蕁麻疹が含まれる。

- 蕁麻疹又は血管浮腫の症状を伴うその他の疾患を有する患者。蕁麻疹様血管炎,色素性蕁麻疹,多形紅斑,肥満細胞症,遺伝性蕁麻疹,又は薬剤誘発性蕁麻疹が含まれるがこれらに限定されない。

- 治験の評価と結果に影響を及ぼす可能性があると治験責任医師又は治験分担医師が判断する,慢性的なそう痒を伴うその他の皮膚疾患を有する患者(例:アトピー性皮膚炎,水疱性類天疱瘡,疱疹状皮膚炎,老人性そう痒症,又は乾癬等)

- 患者の安全を損なうおそれがあり,治験成績の解釈に支障を来す,又は患者の治験参加若しくは治験実施計画書の遵守を妨げると治験責任医師又は治験分担医師が判断する,臨床的に重要な心疾患(Visit 1前12ヵ月以内の心筋梗塞,不安定虚血性心疾患,NYHA分類III / IVの左室不全,不整脈,及びコントロール不良の高血圧が含まれるが,これらに限定されない),神経疾患,精神疾患,肺疾患,腎疾患,肝疾患,内分泌疾患,代謝疾患,血液疾患,胃腸疾患,又は免疫不全症を有する患者。

- 重大な出血リスク又は凝固障害を有する患者。

- 胃腸出血の既往[例:非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の使用に伴う出血]を有し,臨床的に重要(例:入院又は輸血を必要とする場合)と認められる患者。

- 抗血小板薬の投与が必要な患者。ただし,最大100mg/日までのアセチルサリチル酸,又はクロピドグレルを除く。抗血小板薬2剤併用療法(例:アセチルサリチル酸 + クロピドグレル)は禁止する。

- 抗凝固薬[ワルファリン又は新規経口抗凝固薬(NOAC)]の投与が必要な患者。

- 肝疾患の既往歴若しくは現病歴を有する患者(急性/慢性肝炎,肝硬変,又は肝不全が含まれるが,これらに限定されない),又はスクリーニング時のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)/アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)値が基準値上限(ULN)の1.5倍を超える,若しくは国際標準比(INR)が1.5を超える患者。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

UAS 7のベースラインからの変化量[評価時点:12週]

Week 12のUrticaria Activity Score(UAS 7)のベースラインからの絶対変化量を評価し、Week 12のUAS 7のベースラインからの変化量に関して、CSU患者におけるremibrutinibのプラセボに対する優越性を検証する。

UAS7は、蕁麻疹の徴候及び症状を評価するためのスコアリングシステムである。7日間の膨疹(膨疹重症度スコア)及びそう痒(そう痒重症度スコア)を0(徴候/症状なし)から3(強い徴候/症状)までの尺度でそれぞれスコア化することに基づく。最終スコアは、0~6の範囲の1日のスコアを7日間合計して算出する。その結果、合計スコアの最大値は42、スコアの最小値は0となる。

ISS 7の絶対変化量及びHSS 7の絶対変化量[評価時点:12週]

Week 12の週間そう痒スコア(ISS 7)及び週間膨疹重症度スコア(HSS 7)のベースラインからの絶対変化量を評価することにより、 Week 12のISS 7及びHSS 7のベースラインからの変化量に関して、 CSU患者におけるremibrutinibのプラセボに対する優越性を検証する。

ISS 7及びHSS 7を合わせてUAS 7スコアリングシステムとし、蕁麻疹の徴候及び症状を評価する。HSS 7スコアは7日間の膨疹/膨疹の重症度スコア、ISS 7は7日間のそう痒の重症度スコアであり、いずれのスコアも0から21の範囲である。


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

remibrutinib


販売名

なし