H1抗ヒスタミン薬投与にもかかわらず症状が持続する中等症から重症の慢性特発性蕁麻疹(CSU)患者を対象とした非盲検継続投与期を伴うrilzabrutinibのランダム化、二重盲検、プラセボ対照、多施設共同、用量範囲、第II相試験

治験

目的

主要目的:

H1抗ヒスタミン薬(H1-AH)投与にもかかわらず、症状が持続する慢性特発性蕁麻疹(CSU)患者におけるrilzabrutinibの有効性を明らかにする

副次目的:

- 各時点における蕁麻疹の活動性の複合的な評価項目、並びに痒み及び蕁麻疹のそれぞれに対するrilzabrutinibの有効性を明らかにする

- 安全性アウトカム測定項目を評価する

- CSUを有する被験者のrilzabrutinibの血漿中PKを評価する

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上80歳 以下


選択基準

- ランダム化の時点でH1-AHに対する治療抵抗性 慢性特発性蕁麻疹(CSU)の診断を受けた患者

- スクリーニング来院(Visit 1)の3か月以上前にCSUの診断を受けた患者

- H1抗ヒスタミン薬(H1-AH)を投与したにもかかわらず、スクリーニング来院(Visit 1)前のいずれかの時点で、同期間中に痒み及び蕁麻疹が連続して6週間以上認められた患者

- CSU治療として本治験で規定したH1-AHの投与を受けている患者。治験では承認されていないH1-AHの安定用量を投与されている被験者について、治験責任(分担)医師は、治験で承認されている同等のH1-AHの維持用量に切り替えることができる

- オマリズマブの投与歴がない患者又はオマリズマブ投与に対して効果不十分な被験者

- 被験者は、治験期間中に電子日誌に毎日の症状を入力する意思及び能力を有していなければならない

- ランダム化前の7日間、次の基準を満たさなければならない:1週間の蕁麻疹活動性スコア(UAS7)が16以上、1週間の痒み重症度スコア(ISS7)が8以上

- 男性被験者及び女性被験者が用いる避妊方法は、臨床試験参加者の避妊方法に関する各国の規制要件に合致していなければならない


除外基準

以下のいずれかの基準に該当する場合は、治験の組入れ対象から除外する:

- CSU以外に慢性蕁麻疹の病因が明確に特定された患者(主に物理性蕁麻疹の徴候)

- 治験結果の評価を妨げる可能性のあるCSU以外の皮膚疾患を有する患者

- 活動性のアトピー性皮膚炎(AD)を有する患者

- 治験責任(分担)医師の判断により、本治験への参加に悪影響を及ぼす可能性のある重度な併存疾患を有する患者

- 感染は消失していても、侵襲的な日和見感染症、若しくは、治験責任(分担)医師の判断により、免疫低下状態を示唆する、頻度が異常な又は長期化する再発性の感染症が認められる患者

- 重篤な感染症の消失から治験薬の初回投与までの期間が4週間未満で、再発の可能性があり(治験責任[担当]医師の判断による)静脈内(IV)投与治療を要する重篤な感染の既往歴、又は活動性の2019年新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を含めスクリーニング時の現在の活動性の中等度~重度の感染症(Grade 2以上)がある

- Day1前28日以内又は治験期間中の投与が予定されているBCGワクチンを除く生ワクチン、スクリーニング前12か月以内のBCGワクチン接種

- 活動性の悪性腫瘍を有している患者、又は5年以内に悪性腫瘍を有していた患者

- 過剰出血の可能性がある症状を有する

- 通常経口又は非経口ステロイド薬で治療する喘息、乾癬、又は炎症性腸疾患などの病態の状況がコントロール不良であると治験責任(分担)医師が判断した患者

- 過去のブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬の使用

- Day1前30日以内又はそれぞれの半減期の5倍の期間のいずれか長い方での、いかなる治験薬の服用(又は現在治験の医療機器を使用している)

- 過去にCSUに対する別の治験薬を投与された

- ヒト免疫不全ウイルス(HIV)抗体検査が陽性

- スクリーニング時又はスクリーニング来院前3か月以内に、DNA検査結果が陽性のB型肝炎表面抗原(HBsAg)陽性又はHBV-DNA陽性により確認されるB型肝炎コア抗体(HBcAb)陽性がある

- スクリーニング時又はスクリーニング来院前3か月以内のC型肝炎抗体陽性

- 結核感染

- スクリーニング来院時における臨床的に意義のある臨床検査値異常及び心電図(ECG)所見

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1. Week12時点におけるUAS7のベースラインからの変化量(米国及び米国参照国を除く)[評価期間:ベースラインからWeek12]

2. 米国及び米国参照国についてのみ:Week12時点におけるISS7のベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek12]


第二結果評価方法

1. Week 4時点におけるUAS7のベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek4]

2. Week 12時点におけるISS7のベースラインからの変化量(米国及び米国参照国を除く)[評価期間:ベースラインからWeek12]

3. 米国及び米国参照国についてのみ:Week 12時点におけるUAS7のベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek12]

4. Week 12時点におけるHSS7のベースラインからの変化量[評価期間:ベースラインからWeek12]

5. Week 12時点におけるUAS7が6以下である被験者の割合[評価期間:Week12時点]"

6. Week12時点におけるUAS7が0である被験者の割合[評価期間:Week12時点]

7. 二重盲検期間及び非盲検継続期間における治験薬投与下で発現した有害事象(TEAE)、重篤な有害事象(SAE)、特に注目すべき有害事象(AESI)及び中止の発現率[評価期間:Week52まで]

8. CSUを有する被験者におけるrilzabrutinibの血漿中濃度[評価期間:Week52まで]

利用する医薬品等

一般名称

rilzabrutinib、プラセボ


販売名

なし、なし