企業治験

子宮筋腫患者の過多月経と疼痛症状に対するKLH-2109の第III相検証試験

治験詳細画面

目的


この治験は、子宮筋腫患者の過多月経や疼痛症状に対する効果を調べるために、KLH-2109という薬剤をプラセボと比較して投与し、その安全性や効果を評価するものです。

基本情報


募集ステータス

募集終了

対象疾患

子宮筋腫

フェーズ3

参加条件


この治験に参加できる人は、女性で20歳以上であることが条件です。また、子宮筋腫という病気を持っている人で、一定の大きさがある筋腫核が1つ以上あることが確認されている人が対象です。月経周期が正常で、過多月経や子宮筋腫による疼痛症状がある人も参加できます。ただし、血液系疾患や過敏性腸症候群、異常性器出血などの病気を持っている人は参加できません。

治験内容


この治験は、子宮筋腫という病気に対する新しい薬を試すものです。治験のフェーズは3で、治験薬を投与してから6週間から12週間後の症状の合計点が10点未満である症例の割合や、治験薬投与終了前28日間の疼痛症状に対するスコアが1以下である症例の割合などが主要な評価方法となります。また、治験薬投与後2週間から6週間までの症状の合計点が10点未満である症例の割合や、治験薬投与終了前6週間の症状の合計点が10点未満である症例の割合など、さまざまな評価方法があります。治験薬の効果や副作用、臨床検査やバイタルサイン、体重、心電図なども評価されます。

利用する医薬品等


一般名称

KLH-2109

販売名

なし

組織情報


実施責任組織

キッセイ薬品工業株式会社

東京都文京区小石川3丁目1番3号

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。