企業治験

PD-L1陽性の再発・転移性頭頸部扁平上皮がん患者の初期治療における、2種類の治療法の比較試験

治験詳細画面

目的


この治験は、Bempegaldesleukinという薬とペムブロリズマブという薬を併用する治療法と、ペムブロリズマブ単独の治療法の効果を比較することを目的としています。比較する項目は、全生存期間と客観的奏効率です。

基本情報


募集ステータス

募集終了

対象疾患

頭頸部がん
転移性
頭頸部
がん

フェーズ2

参加条件


この治験に参加するための条件は、18歳以上の男女で、治験の手順に同意し、再発性又は転移性のHNSCC(頭頸部がん)を持っていることです。また、治療の歴史や病変の位置など、いくつかの条件を満たす必要があります。治験薬の投与前に、他の病気や治療を受けたことがある場合は、参加できない場合があります。治験担当医師が判断した場合、疾患が急速に進行している場合や、平均余命が3ヵ月未満の場合も参加できません。

治験内容


この治験は、再発性又は転移性の頭頸部がんを対象にしています。治験フェーズはフェーズ2で、主要な結果評価方法は、無作為化からあらゆる死因による死亡までの期間を測定する「OS」と、盲検独立中央判定(BICR)が評価するORR(固形がん効果判定基準第1.1版[RECIST 1.1]に準拠して確認されたORR)です。ORRは、完全奏効(CR)又は部分奏効(PR)が確認された割合を示します。

利用する医薬品等


一般名称

NKTR-214、ペムブロリズマブ、PD-L1キット

販売名

なし、キイトルーダ点滴静注100mg、PD-L1 IHC 22C3 pharmDx「ダコ」

組織情報


実施責任組織

株式会社新日本科学PPD

東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー12階

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。